FC2ブログ


夕方、表に出てみると 電車の写真を撮っている方がいらっしゃいました。


soraumi0275.jpg

レトロ列車の運行日でもなく、ことちゃんはさっき行ったところ。
↓ことちゃんひやく号

soraumi0276.jpg


●「何を撮ってるんですか??」

△「夕方の4両編成です」

(4両編成時は)
△「日中走らない車両が運用されますので」
△「京急では見れなかった編成が見れるので」

注)ことでんは京急さんや京王さんのお古の車両が多く走っています


●「どうしてこの場所で撮られてるんですか??」

△「Twitterでことちゃんがリツイートしてましたよ」
soraumi0274.jpg


△「最高の場所でゲストハウスされてますね!」

●「いえいえ(^^;)」


●「困ったことがありましたら、居ますので声かけてくださいねー」
△「ありがとうございます~」

(踏切鳴って)
△「あ、来る!」


soraumi0277.jpg

そらうみのすぐ横は、ことでん琴平線です。
コーヒーやビール片手にチェアハンモックに揺られながら、
行き交う列車と人間模様を眺める… そんなひとときはいかがですか。


soraumi0278.jpg

次回レトロ列車の運行日は、4/5(日)です。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
スポンサーサイト





そらうみアクアリウム日記 第1話


そらうみアクアリウム日記 第2話



そらうみのアクアリウムはある釣り友達
プロデュースによって維持・管理されているのですが、


soraumi0251.jpg

グッピーが出産間近になっています。もうお腹パンパン
今月の定例診断は、産婆さんとしての訪問になりました。
対策を施して数日…


soraumi0252.jpg

生まれた(/・ω・)/

朝、いつものように水槽を眺めたら チビちゃんが泳いでいました。
グッピーってどんどん増えると言いますが、たちまち+10匹。

これから水槽が賑やかになっていくのが、とっても楽しみです(^^)


soraumi0253.jpg

産婆もですが、剪定屋さんとしても大活躍。
繁茂していた水草のセッティングと、コケの除去。


それよりもこの水草の植え方!
人生の大半を魚と向き合ってきたというだけあって、
センスに裏打ちされた実力。特技ある人って素敵です。


そらうみにお越し頂いた際は、ぜひアクアリウムの感想をお寄せください。
水槽セッティングのおっちゃん、喜びます(^^)/


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi

soraumi0254.jpg

ゲストハウスそらうみ 線路挟んで向かいの田村神社 御旅所(Otabisho)
ことでんの車窓からも見える楠の大木が目印。


soraumi0255.jpg

このところの暖かさがあり、御旅所の桜が咲き始めました。


soraumi0257.jpg

朝見た時は まだつぼみの方が多かったのに、
夕方にはたくさんのお花が開花。これから見頃を迎えます。


soraumi0256.jpg

4/4(土)
ゲストハウスそらうみでお花見&お花見LIVE(夜)予定、、、

これから1週間、好天が続くとよいのですが(^^;)



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


歌姫紗良ちゃん またまたそらうみに歌いに来てくれます。


~概要~
4/4(土) 20:00~
お花見live ~歌姫~
紗良ちゃんアカペラライブ inゲストハウスそらうみ

春の足音は、着実に近づいております。
讃岐一宮田村神社・御旅所の桜を借景に、
弱冠20歳の日本一周歌姫紗良ちゃん、そらうみ定例LIVE開催!

透き通る歌声に聞き入るもよし、一緒に歌って盛り上がるもよし(^^)
素敵な夜を彩りましょう。


2/27(金)歌姫night liveの様子
https://www.youtube.com/channel/UCHAMkjhMMFsvoUcqk_Y-bmA

ブログ記事
http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/blog-entry-32.html


参加協力金 : 500円
全額紗良ちゃんの活動資金として寄贈します。

シェアごはん : 1,000円前後
◎お花見料理
◎料金は参加人数割のため、変動します
◎飲み物代金は別になります


<宿泊ご希望の方>
3/29 8:00現在
空室は1F「うずしお」のお部屋のみとなっております。

<日帰りの方におねがい>
一品(おつまみorビールなど)持ち寄り ご協力お願いします。


そらうみでお待ちしております。皆さん遊びに来てくださいね(^^)/


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi

ゲストハウスそらうみ初
海外からのゲストさんは、ブラジルからの団体お遍路さんでした。


soraumi0247.jpg

四国八十八ヶ所 歩き遍路に訪れた皆さん。縁あってそらうみに1泊。


soraumi0250.jpg

自分にとって 人生初めて耳にするポルトガル語

ブラジルの方って、あまり英語通じないですね(^^;)
こちらも英語うまくないので 余計に伝わらないのだと思いますが…


そんな力不足の宿主に、google先生が強い味方。
難解なportuguêsを、サクっとjaponêsに変換してくれます。



-翌日


soraumi0249.jpg

朝、出発前に一枚。
日本の朝の寒さは、身に染みることでしょう…

がんばって!


soraumi0246.jpg

そらうみ近くの83番一宮寺さん出発、行ってらっしゃい(^^)/


毎日たくさん歩いてお参りして。
慣れない異国で巡礼、それも徒歩… 本当に頭下がります。


soraumi0248.png

同行の一人 マリアさん。とっても嬉しい感想を寄せてくれました。
旅の思い出づくりのお手伝い が少しできたのかな。だったらいいな。


ブラジル、、、
地球の裏側、どんな世界が広がっているのだろう。

彼女は今 家を建てていて 完成したらあなたを招待したい と。

自分はこれまで海外に行く機会がなかったので、
外国デビューするなら、ご縁あった方を訪ねる旅ができたらいいなぁ(^^)


ゲストハウスそらうみは「旅の思い出作りのお手伝い」
の想いを心がけて、皆さんをお迎えしています。


どなたさまも そらうみで過ごす一夜が 楽しく心地よいものであるように…


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi

そらうみで作る料理はこれまでの人生の中、色んな場面で覚えたもの。

我が家には釣ってきた魚は自分で捌かなければならないルールがあったから 釣りをするために魚料理を覚えたり、川原でのキャンプで料理に凝った時期があって 本を見て実践していた時期もあります。

ゲストハウスで参加させてもらった夕食会で 知ることができた料理もいくつか。


soraumi1174.jpg

こちら "芋煮" なんかそうです。
秋になると山形県民は河原に集まって 芋を煮炊きしつつ、飲みを楽しむアレです。

山形のゲストハウス ミンタロハットさんで作り方を教わって以来、たくさん人が集まる時の定番メニューになりました。


soraumi1176.jpg

芋煮に欠かせない "味マルジュウ"
こちらのだし醤油が欠かせません。しっかり味が出ます。

芋煮以外でもあらゆる料理に大活躍。この醤油との出会いが 食卓を変えたと言っても過言ではないくらい、長い付き合いになっているお醤油です。山形に行った時はぜひお買い求めください。


soraumi1175.jpg

まずは芋煮として食べて、次はうどん入れて食べて、最後にカレールウを溶いて 〆のカレーライス…

その流れも踏襲させて頂いています。



有効な口コミ情報だけでなく その土地の家庭料理が知れたりするのも ゲストハウスの夕食会の魅力。ただ、夕食会やシェアごはんをやっているところは そんなに多くはありません。ニーズが無いのかもしれませんし、手間を考えてかもしれません。


そらうみは "夕食会があるゲストハウス" でありたいと思います。

ライダーの聖書とも言える「ツーリングマップル」の週刊メールマガジンに
ゲストハウスそらうみのことを書いてもらいました。


↓↓↓


◆◆◆◆◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆  ツーリングマップル メールマガジン <2015/03/25号>
◆◆◆   
◆◆  ★☆週刊連載コラム第159回☆★
◆   内田一成の「キャンプツーリング徒然」その11
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週は、キャンプ話から少しそれてゲストハウスについてのお話しです。
ツーリングマップルの取材スタッフ7名の中では、ゲストハウスのイメージは
北海道担当の小原信好さんや関西担当の滝野沢優子さんでしたが、内田さんが
おすすめするゲストハウスの紹介があるようです。

早速、内田さんのコラムをどうぞ…。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 内田一成の「キャンプツーリング徒然」その11
  ~ゲストハウスというスタイル~
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

先週のこのコラムでシーカヤックの話を書いたが、その週末には、ぼくのシー
カヤックの原点ともいえる瀬戸内に行ってきた。

今回は別の仕事の視察だったので、シーカヤックを漕ぐ機会はなかったが、友
人がやっている香川県仁尾の「フリークラウド」というシーカヤックツアーの
ベースに寄って、しばしプライベートビーチでゆったりした気分に浸ることが
できた。

6月には、この沖にある蔦島という無人島でキャンプしながら様々なアウトド
アアクティビティが楽しめるイベントが開催されるというので、参加しようと
思っている。もしかすると、ぼくはツリーイングのインストラクションをする
ことになるかもしれないが。6月はまだ夜光虫の季節ではないのが残念だが、
夜光虫の季節にはまた出直す予定だ。

ところで、今回は高松市の郊外にある「そらうみ」というゲストハウスにお世
話になった。讃岐一宮田村神社の参道をまっすぐ見据え、傍らには琴平電鉄、
通称「ことでん」の長閑な車両が時折走るロケーションにあって、真っ白い漆
喰とナチュラルウッドの窓枠が青い空に映える「そらうみ」という名がまさに
ぴったりの可愛らしい家だ。

「そらうみ」を漢字で書けば「空海」。四国で空海といえば、四国八十八箇所
を巡る遍路を見守る「お大師さま」だ。

「そらうみ」を開いた野瀬さんは、20代の初めに四国八十八箇所遍路を体験し
て、その世界に惹かれ、得度して、お遍路さんを案内する「先達(せんだつ)」
を長い間つとめた。彼はまたソロツーリングを楽しんできたライダーでもあり、
冬の宗谷岬ツーリングを長年続けてきた。そんな経験を活かして、お遍路さん
やライダー、バックパッカーが我が家にいるように寛げるような場所を作ろう
と、「そらうみ」を開設するに至った。

優しく穏やかな彼のキャラクターは、先達としても愛され、まさに同行二人の
空海の化身のようであり、あえて漢字をひらがなに開いてゲストハウスの名に
したところも、彼のキャラクターにぴったり合っている。

そんな野瀬さんと夜中まで酒を酌み交わしていたのだが、最近は冬の宗谷岬ま
でツーリングするライダーが異様に増えて心配だと、彼にしては珍しく表情を
曇らせた。

野瀬さんの厳冬期ツーリングは、厳冬期の冬山でも通用するウエアリングに、
オートバイも冬用の対策を各部に施したもので、さらに、気象状況を見極めな
がら決して無茶をせずに冒険を楽しむというスタイルだ。

いままで彼が厳冬期の宗谷岬で会ったライダーは、みんな装備もスキルも完璧
であり、きちんと自分が安全に旅をすることについて責任を持つ人間ばかりだ
った。ところが、テレビ番組で冬の宗谷岬をめざすライダーが紹介されてから、
装備もスキルも不完全なライダーが急増したのだという。

この冬は、スノーボーダーが不用意にバックカントリーに入り込んで遭難する
事件が相次いだが、早晩、無謀な厳冬期ライダーが命を落とすことにもなりか
ねない。

ネットで情報が手軽に入手できるようになった今、このような安直に物事を実
行したり、自分で判断せずにすぐに人に質問するような人間が多くなった。情
報を集めただけでは理解したことにはほど遠く、頭で考えただけではスキルな
んか身についていないことを知っておいてほしいと思う。

ろくにツーリング経験もなく、厳冬期のキャンプの経験や天気図や観天望気に
よって天候変化を予測する技術もない人間が、いきなり冬の宗谷岬をオートバ
イでめざすなんていうのは、冒険とはほど遠い幼稚な暴挙でしかない。仮に、
運良く天気に恵まれて到達できたとしても、それはおのれのバカさの記念程度
のものだ。

よもや、このツーリングマップルコラムを読んでくれている人には、そういう
愚か者はいないと思うが。

それはともかく、今回は「そらうみ」にご厄介になって、今年の『ツーリング
マップル』の取材では、ゲストハウスをおすすめ宿として、意識して取材しよ
うと思った。

安く泊まれて、オーナーや同宿者と交流できるところはユースホステルにも似
ているが、ユースホステルよりももっとカジュアルだし、それぞれの宿の個性
が際立っていて、宿泊体験そのものが思い出深い経験になる。

ぼくが担当している中部北陸エリアでは、野瀬さんから紹介してもらった「南
知多ゲストハウス・ほどほど」を2015年版から新たに掲載した。こちらは愛知
県の知多半島の突端近くに位置する宿で、平屋の古い民家を改装した佇まいが、
ぼくのようなロートルには昭和の雰囲気が懐かしく、また若い人たちには逆に
新鮮に感じられるようで、開設間もないながらファンが増えているという。

この「ほどほど」にも、この夏の取材では、知多半島ならではの海の幸を堪能
しがてらご厄介になろうと思っている。

というわけで、今回は「キャンプツーリング徒然」というタイトルからはちょ
っと脱線してしまったが、ゲストハウスは、キャンプサイトで見知らぬライダ
ーが集って友だちになるというカジュアルさに一脈通じるように思ったので、
テーマに取り上げてみた。

読者のみんなも、おすすめのゲストハウスがあったら、編集部へどんどん推薦
してください!

●フリークラウド
http://c.bme.jp/35/3/10836/619262

●ゲストハウス・そらうみ
http://c.bme.jp/35/3/10832/619262

●南知多ゲストハウス・ほどほど
http://c.bme.jp/35/3/10833/619262


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

週刊連載コラム、第159回はいかがでしたでしょうか。

ここ数年、『ツーリングマップル』の地図を更新して、感じたことがあります。
それは、毎年、ユースホステルは各エリア4~5件ほど休業中や廃業になり、衰
退しているという事実です。その一方、ゲストハウスのオーナーさんや利用し
たライダーさんからは「『ツーリングマップル』に掲載してほしい!」といっ
た連絡を複数いただくようになりました。連絡をいただいた施設は、各エリア
の取材スタッフに伝え、可能な限り実走取材の際に掲載希望の施設をまわって
もらってから、最終的に掲載するか否か判断しています。
みなさんもおすすめのゲストハウスがあれば、編集部へ推薦してくださいね!

来週の週刊連載コラムもお楽しみに!


 ┌─ ◆◇◆   ツーリングマップル2015年版 発売中!  ◆◇◆ ──┐
 │
 │ コンパクトでコストパフォーマンスが高い「ツーリングマップル」
 │ リング製本を採用した大判の「ツーリングマップルR」
 │ 「ツーリングマップル」2015年版では巻末に大判地図を復活収録!!
 │
 │ 商品内容は↓をクリック!
 │ http://c.bme.jp/35/3/10834/619262
 │
 └────────────────────────────────┘


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行:株式会社 昭文社 ツーリングマップル メールマガジン編集室
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
※『ツーリングマップル』メルマガは配信を希望された方に無料でお送りして
います。配信停止や配信先の変更などをご希望の方は、下記のURLからお願い
します。

□配信申込&停止はこちら
⇒ http://mapple.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=mapple1015

□メルマガについてのお問い合わせ
mailto:touring_mm@mapple.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


私自身、一番熱中した旅は バイクで日本隅々を回ることでして、
ツーリングマップルを愛用しておりました。

ですので、そこでそらうみを紹介頂けるのは 夢のようです。


それぞれに好きな旅があり、土地があり、方法があり…

旅人それぞれのこだわりが見れて、人間模様を知ることができて。
お互いを認め合った楽しい交流が存在する場所。

そらうみはそんなゲストハウスでありたいですね(^^)/


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi

とある書類を作成するのに、


プロフィールに添える写真を選んで送っておくれ


通常お坊さんの写真を用いるのですが、
今回のケースでそれはちょっとアレだな…


ということで、


soraumi0242.jpg

石鎚山(愛媛)
そらうみの1室 名前の由来になっています。


soraumi0245.jpg

悪石島(鹿児島)
国内屈指の行きにくい場所。秘島。


soraumi0241.jpg

青島(愛媛)
捨ててもいい服で行かれてください。


soraumi0244.jpg

渡名喜島(沖縄)
特別海がきれいなわけではないけれど、好きな場所。


soraumi0240.jpg

北海道大学(北海道)
ポプラが好きで。そらうみに植えようとしたくらい。
(高松は)寒冷地じゃないからやめとけ、と言われました。


soraumi0243.jpg

桜島(鹿児島)
高松しかり、港がある街はいいですね。そこから夢が広がる感じで。



いろいろ変な写真を中心に選定、
デザイナーさんと話し合ってとりあえずコレで行こうかな↓


soraumi0239.jpg

宗谷岬(北海道)


変な旅の中でも 特別変態な、厳冬北海道ツーリング。
これが話題と そらうみの方向性になると信じて(^^;)


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi

soraumi0238.jpg

大学の先生とゼミ生ご一行さん
調査対象が四国のとある地域ということで、そらうみに来てくれました。


そらうみを選んでくれたのは学生さんなのですが、
宿選びに関してせんせいの指示


「おまえそこ面白いとこなんやろな」


soraumi0234.jpg soraumi0236.jpg

soraumi0235.jpg

いい感じの日本酒 1本空きました。


soraumi0237.jpg

夜遅くまでたくさん飲んだのに、、、 朝は早起き。
気を付けて行ってらっしゃい(^^)/


学生さんの一人は、自分と同じ高校卒業。
この偶然が人と人の繋がり、ご縁を実感できる瞬間です(^^)


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


< 空室のお知らせ >
4月前半にかけての、空室のお知らせです。

3/25(水) 満室
3/26(木) 満室(貸切)
3/27(金) 満室(貸切)
3/28(土) 満室
3/29(日) 残 洋室1室 和室1室 1F洋室

4/1(水) 残 洋室2室
4/4(土) 残 和室1室 1F洋室
4/11(土) 残 洋室1室 1F洋室

5/2(土) 満室
5/3(日) 満室
5/4(月) 空室あり
5/5(火) 空室あり
5/6(水) 空室あり

3/24 22:00現在


そらうみで楽しく過ごしましょう(^^)/


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi

soraumi0231.jpg

車両点検でしばらく走っていなかった"ことちゃんひやく号"
復活しました。ぽこぽこお山の讃岐路を、元気に走っています。


soraumi0229.jpg

車両自体は毎日運行しているので、そらうみの内外から眺めることができます。


soraumi0228.jpg

土日など指定日は 中吊り広告など内装がより ことちゃん と化して、
先頭には"ことちゃん" "ことみちゃん"が乗車。


soraumi0230.jpg

ひやく号として走る日(主に土日)は運転ダイヤが決まっているので 乗りやすい。
そらうみ最寄は一宮駅、徒歩5分。
切符購入の時間を含め 10分前に出発すれば十分間に合います(^^)


soraumi0232.jpg

soraumi0233.jpg

なんと言いますか、ことちゃんひやく号には夢がある(^^)
ことでんには色んなラッピング列車が走っていますが、
そらうみは断然ことちゃん推しです(^^)/


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi

ある人を待っておりました。


「明日行くから!」

とだけ聞いて、待つこと待つこと 陽も暮れて…


そらうみにおとこまえがあらわれた

soraumi0226.jpg

そらうみHP製作者さん
大阪から自転車自走チェックイン、恐れ入りました。

徳島からそらうみ(高松)まで走ってきたそうですが、
この日は西風が強かったから… だいぶ疲れてました(^^;)


soraumi0227.jpg

ささやかなシェアごはん会


関東から香川好きゲストさんも到着されて、お酒と話に花が咲きました。



HPのうちあわせ
あれ?


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


ゲストハウスそらうみ ホームページ
空室カレンダーと予約/問い合わせフォームの導入を予定しております。
公開まで今しばらくお待ちください。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi



最新記事