FC2ブログ


< 関連記事 >
2015,10/21最後の清流、ここから始まるストーリー vol.1
2015,10/22最後の清流、ここから始まるストーリー vol.2
2015,10/29しまんと部屋の絵地図で四万十川紀行しませんかvol.1
2015,10/30しまんと部屋の絵地図で四万十川紀行しませんかvol.2
2016,3/24四万十原産、栗の焼酎



soraumi2977.jpg

四国高知の山のほう。 "奥四万十" と呼ばれる地域に 面白い名前の駅があります。


soraumi2978.jpg

国道381号沿い、この看板が見えたら停車。自家用車で訪問の際は、道路反対側に駐車スペースがあります。


soraumi2979.jpg

駅は階段を少し上がったところ


soraumi2980.jpg

半家と書いて "はげ" と読む、難読駅名の一つ。
源平合戦に敗れた平家の武士たちが この地に落ち延びてきた際、隠れ住んでいることを知られないようにするために、 「平」 の字の上の 「一」 を下に移動させて、 「半」 に変えたと伝わる。


 と 

なるほど、棒一つ位置が異なるだけです。


soraumi2981.jpg

半家駅は宇和島⇔窪川間の予土線に位置。四国の中でも典型的なローカル線で、列車での到達難易度は やや高め。列車での訪問の際は 次の列車が何時か調べてから下車するようにしましょう。


soraumi2982.jpg

駅の周辺には商店などは無い。目の前に四万十川が流れていますが 河原に下りて川遊び! というロケーションではありません。


予土線 江川崎~窪川の間の約40kmの区間は、四万十川を右に左に眺めながら 一両編成の列車がトコトコ走るローカル線。ネタになる駅の訪問と合わせての乗り鉄旅がおススメです。




JR予土・半家駅 場所ここ


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?
こちらの記事をご覧ください →5/15飲んで熊本応援始めます


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
スポンサーサイト




soraumi2983.jpg

今に始まった話ではありませんが、青春18切符でこちらの区間(予土線⇔土讃線)を跨いで利用される場合 別途運賃が必要です。


昔昔は同じ国鉄→JR四国の路線だったためその必要はありませんでしたが、窪川駅から延長開業した中村線が 第三セクター "土佐くろしお鉄道" に転換されてから、別途運賃が必要になりました。


soraumi2984.jpg

予土線が始まるのは若井駅からですが、列車の発着は全て隣の窪川駅であるため。予土線を走るJRの列車が、窪川⇔若井の間は くろしお鉄道の線路を借りているため発生する賃と言えます。


別料金が発生すると言っても210円。それよりも予土線窪川→宇和島は一日7本なので、そちらに合わせて行動する方が難易度が高いと言えますね。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?
こちらの記事をご覧ください →5/15飲んで熊本応援始めます


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

< 関連記事 >
5/28北海道の有名チョコが買える 愛媛の道の駅



soraumi2971.jpg

こちら 姨捨(おばすて)と言いまして、長野県にある絶好ビュースポット。晴れた昼間は 善光寺平(長野市方面)一望。夜は夜景がまこと美しい。


初夏には周辺の棚田に水が張られ、月がきれいに出た夜には 田にお月さまが映りこむ。

"田毎の月"
たごとのつき と言って、日本の原風景らしい光景を見ることができます。


姨捨駅はJR篠ノ井線(しののいせん / 塩尻~篠ノ井)の途中駅の一つですが、この区間は各駅停車の乗車がおすすめ。駅自体がスイッチバック構造になっていて、駅に停車するために 前進んだり、後ろ進んだり… その分 絶好の景色を見る時間が長いわけで。特急列車では本線を通過してしまうので 景色を楽しむ時間が短い。もったいないです。



この素晴らしい眺めを構成する景色の中に 四国愛媛・宇和島と縁があるものが存在します。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2973.jpg

姨捨がある千曲市(ちくまし)は、杏(あんず)の産地。長野県のみならず 日本一の杏の里と名高い。その始まりは 江戸時代に宇和島から嫁いだお姫様によってもたらされた。


soraumi2972.jpg

豊姫伊達宗利

宇和島藩二代目藩主・伊達宗利。
病弱で家督を継ぐことを辞退した長兄 早逝した次兄に変わって、父 秀宗の隠居後、家督を継いで二代藩主となった。明暦3年(1657年)の事。江戸では日本最大の火災と伝わる 明暦の大火が発生した年。


宗利には豊姫と名付けられた娘がいて、13歳の時 松代真田藩三代目藩主・真田幸道に嫁いだ。

真田昌幸→ 一代目・真田信之(昌幸長男) → 二代目・真田信政(信之次男)三代目・真田幸道(信政六男)


その豊姫が嫁ぐ際 故郷を偲ぶものとしてアンズの種子を持参した。当時 杏仁は咳止めの薬として珍重されたため、杏栽培が拡大。後に真田家の専売となり、藩の貴重な収入源となった。


soraumi2974.jpg

日本一の杏の里と言われる 千曲市森地区にある郵便局で窓口貯金を行うと、このような風景印を頂くことができます。

例年4月上旬頃には 一斉にアンズの花が咲き、信州観光シーズン開幕と相まって 大勢の花見客で賑わう。


soraumi2975.jpg

信州特有の高い山に囲われて、中央部には千曲川(信濃川)が流れる。

真田家ゆかりの城下町・松代に、日本屈指の名刹・善光寺、戦時中には戦災を避けるため 皇居や大本営をこの地に移すことが計画されたりもした。


そんな土地に広がりを見せるアンズ園。紐解いていくと大名同士の親交、それも遠く離れた四国愛媛宇和島からもたらされたもの。風光明媚な景色を眺めながら 歴史ロマンに想いを馳せてみてはいかがでしょうか。


姨捨から眺める景色は 昼も夜もおすすめ。夏の夜は特にお勧め。姨捨駅へは各駅停車で訪れましょう。

自家用車利用の場合、駅の上に "姨捨サービスエリア" があり スマートICが併設されているので、高速道路からのアクセスも良好です。




姨捨駅 場所ここ


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?
こちらの記事をご覧ください →5/15飲んで熊本応援始めます


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

soraumi2961.jpg

北海道旅行の定番おみやげと言えば ROYCE' のチョコレート。

ロイズ と読みます。とろけるようなチョコが売りなのですが、それゆえ融けやすい。持ち帰る際に失敗した方は多いはず…


ここは新千歳空港ではありません。松山市から南へ90km行ったところ、愛媛県宇和島市の道の駅きさいや広場

江戸時代にこの地を治めたお殿様のご縁によって、四国に居ながら 北海道のロイズチョコレートが購入できるようになっています。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2976.jpg

宇和島は、築城の名手・藤堂高虎によって築かれた宇和島城を擁する 愛媛県南予地方の中心都市。みかん、闘牛、真珠等が有名です。

お城は現存12天守の一つに数えられ、標高約80mの丘の上に築かれた天守は JR予讃線の終着駅・宇和島駅から、市街地をパスする宇和島道路からもよく見えます。


soraumi2963.jpg

江戸時代の始めから この宇和島城下を治めたのが 宇和島伊達藩。初代大名 伊達秀宗 は、仙台藩主・伊達政宗の長子長男でありながら、家督を嗣ことができなかった人物。

豊臣秀吉の猶子(ゆうし・他人の子と親子関係を結ぶこと)であり、秀吉・秀頼に仕えてきたことが 徳川の世では仙台城主には相応しくないとみなされ、秀宗は別家として興された宇和島藩を与えられた。


soraumi2964.jpg

その弟にあたる伊達宗泰(だてむねやす)によって引き継がれたのが 仙台伊達藩・岩出山。時が流れ幕末となった時、藩主 伊達邦直が戊辰戦争で幕府軍についたため、後に所領を大幅に減封され 深刻な財政難に陥った。

このままでは家臣と共に路頭に迷ってしまう。

伊達邦直は私財を整理して得た資金で 北海道開拓を志願。家臣を連れて 当時未開の地であった北海道に渡った。

相当な苦労と紆余曲折を経て 最終的に当別への入植に成功。街の基礎を築いた。


後年、この街に ロイズコンフェクト社の工場が開場。基幹産業の一つとして、街の発展に寄与している。


soraumi2967.jpg

当別町の紹介
伊達家の縁あって結ばれた姉妹都市提携から、宇和島でロイズチョコが販売されるようになった経緯が紹介されています。


soraumi2965.jpg

宇和島(愛媛)
岩出山(宮城)
当別(北海道)
の位置関係はこちら

宇和島~当別は最短 約1,900km
宇和島~岩出山は 約1,300km

宇和島から 同じように海を越えるのであれば 上海の方が近い。香港と同じくらいの距離。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2968.jpg

最近は宇和島オリジナル商品などあり、ロイズの本家・北海道でも購入できないものもあります。


soraumi2969.jpg

宇和島自体 高松から240km。高松駅⇔広島駅が200kmくらいなので、それよりも遠い。松山からでも90km。すなわち宇和島は 「めっちゃ遠い」 のです。

甘いものあまり食べないけれど、、、 限定に釣られて買ってしまいました。


soraumi2962.jpg

ロイズと言えば ポテトチップスにチョコレートをコーティングしたものが人気。もちろんここにもあります。


soraumi2970.jpg

伊達家の出は東北・仙台。東日本大震災の時には 宇和島からいち早く支援の申し出があったと言います。

時代は進んで21世紀。人との繋がりが希薄と嘆かれる時代ですが、数百年の時を経て 殿様同士の縁が今も生きているとは、それも 直接の交通機関で繋がっていない遠い土地同士… 日本もまだまだ捨てたもんじゃないな、って思います。

縁って近い/遠いじゃないです。ゲストハウスそらうみに来てくれる遠距離恋愛中のカップルさん、がんばろう。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?
こちらの記事をご覧ください →5/15飲んで熊本応援始めます


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

< 関連記事 >
5/15飲んで熊本応援始めました
5/16熊本へ向かいました
5/22熊本県に行った一番の目的
5/23熊本の観音さんに復興への祈りを捧げる旅vol.1
5/24熊本の観音さんに復興への祈りを捧げる旅vol.2
5/25朝早くなんのその、焼き立てパンが食べれるコンビニ
5/26ローカル線の終着駅で思うこと



soraumi2954.jpg

青井阿蘇神社(熊本県人吉市)
人吉球磨地域に "阿蘇" の名を冠する神社があります。

地元では親しみを込めて "青井さん" と呼ぶ、日本最南端の国宝建造物。


先の熊本地震では 阿蘇地方にある阿蘇神社さんが倒壊してしまいました。同じ阿蘇を冠するこちらのお宮さんへ行けば 復興をお手伝いできるキッカケが見つからないだろうか。そう思って参拝させて頂くことにしました。


soraumi2953.jpg

朱色欄干の橋を渡ると鳥居


soraumi2955.jpg

手水場


soraumi2952.jpg

楼門
三間一戸 寄棟造茅葺の楼門は慶長18年(1613年)に竣工された。建築様式としてはそれより前時代 桃山時代のものが取り入れられている。

本殿他と共に国宝指定を受けている青井神社ですが、茅葺の建造物としては 全国で初めて指定を受けたもの。


soraumi2956.jpg

本殿
楼門と同じく 茅葺屋根の造り。


祭神は 建磐龍命(たけいわたつのみこと)
その后神である 阿蘇津媛命(あそつひめのみこと)
両神の御子神である 国造速甕玉神(くにのみやつこはやみかたまのみこと)

阿蘇との縁は 建磐龍命が阿蘇神社の祭神なので、後年この地に分霊として祀ったことが 当地の始まりということになります。

そのような経緯があるものの 長らく当地を治めた相良家と(本家)阿蘇神社は対立することが多かったようで、中世以降の関連性は薄い様子。


過去の政治的な経緯はともかく、 阿蘇と名がついて そこの神さまがいらっしゃる以上、地震で大きな被害を受けた阿蘇地方のことは誰よりも気になさっているはず。熊本の復興がいち早く進むようお願いしました。


soraumi2957.jpg

御神木のクスノキ


soraumi2958.jpg

樹齢は不詳ながら、この地方では最大のもの。先史から人吉の人たちの生活を守ってきた生き証人。


soraumi2960.jpg

参拝の証として 青井阿蘇神社のご朱印を頂戴しました。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?
こちらの記事をご覧ください →5/15飲んで熊本応援始めます


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

< 関連記事 >
5/15飲んで熊本応援始めました
5/16熊本へ向かいました
5/22熊本県に行った一番の目的
5/23熊本の観音さんに復興への祈りを捧げる旅vol.1
5/24熊本の観音さんに復興への祈りを捧げる旅vol.2
5/25朝早くなんのその、焼き立てパンが食べれるコンビニ



soraumi2938.jpg

熊本県南部、奥球磨地方に位置する木造平屋建てのこちらのローカル駅。


soraumi2939.jpg

板を張り合わせた外観がレトロなら、駅名標もそれと同じ。
湯前→ "ゆのまえ" と読みます。くま川鉄道の終着駅。


soraumi2940.jpg

切符売り場は昔のまま。

銀行にしろ 郵便局にしろ、駅にしろ。昔の受付窓口って 皆こうでした。


駅員さんにおことわりを入れて 改札を通らせてもらいます。


soraumi2941.jpg

線路が伸びるのはこの駅まで。すなわち湯前駅は くま川鉄道の終着駅です。


当路線、元々は人吉で肥薩線から分岐して 湯前を通り、宮崎県境を越えて妻線に接続する "日肥線" として建設されたもの。

(宮崎県) / (熊本県)

を一文字ずつ取って "にっぴせん" と読みます。開通していれば 熊本から宮崎へ向かう最短ルートとなりました。

残念ながらここから先の鉄路が建設されることなく 宮崎側で接続する予定だった妻線は廃止。湯前線は くま川鉄道に転換されて、地域輸送主体のローカル線になりました。


soraumi2945.jpg

東西九州を接続する鉄道路線って いくつも計画されましたが実現しなかったものが多い。特に熊本と宮崎を結ぶいずれかの路線が開通していれば、熊本のみならず 博多から宮崎への短絡ルートと成り得たわけで、現在の特急にちりんのように 一度小倉へ向かって大分を通って… のような迂回運転が無く、高速バスとも勝負になったかもしれません。

ちょっと裏側感がある宮崎県が 今のような地位ではなかったかもしれませんね。


結局のところ 今の姿がありのままですが、鉄路一つで色んな想像を膨らませるのは楽しいです。


soraumi2942.jpg

今回の目的を忘れるところでした。駅の周辺には相良三十三観音の札所がいくつも存在します。


soraumi2943.jpg

これくらいの距離なら徒歩で回ることもできます。

相良三十三観音自体 札所が山の上というところは少なく、道中きつい山坂… というところはあまり存在しない。気候の良い季節であれば 徒歩巡礼もおすすめです。


soraumi2944.jpg

再び改札を通ります。クラシックな電灯傘が良いですね。


soraumi2946.jpg

西米良村営バス乗り場
"にしめらそん" とは、湯前町から県境を越えて入る 宮崎県最初の村。湯前駅には県境越えのコミュニティバスが発着しています。

そもそもコミュバスとは 自治体サービスの一環であるため、基本的に同一の町内(市内・村内)を運行するもの。朝夕に病院や学校 介護施設などを転々と寄りながら運行するイメージですね。県を越えて運行されているのは、稀な例と言えます。


それだけじゃないですよ。


終点の村所バス停では 宮崎交通のバスに接続しているので、それに乗り換えると西都市まで行くことができます。

鉄路としては叶わなかった日肥線が 形を変えて存続しているとも言えます。


湯前12:00 →(西米良村営)→ 村所12:48/12:55 →(宮崎交通)→ 西都14:26
湯前15:45 →(西米良村営)→ 村所16:47/17:00 →(宮崎交通)→ 西都18:31

湯前駅からの接続はこの2便。800円+1,730円。昨今 路線バスの旅なるものが流行っているようなので、こんな旅いかがですか。


soraumi2949.jpg

湯前駅舎は1924年(大正13年)の竣工、登録有形文化財に指定されています。もうすぐ100年もの!


soraumi2950.jpg

それに追随するかのように 駅前にある旅館も年代モノ。2F縁側で瓶ビールとか似合います。絶対美味しい。


soraumi2947.jpg

熊本へ行くと 見たことのないポーズや動きを取るくまモンを見かけます。熊本県外で見るくまモンは よくある棒立ちのだけですよね。


soraumi2951.jpg

そらうみ看板犬しょう、湯前駅の30分PR大使を務めました。




くま川鉄道湯前駅 場所ここ


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?
こちらの記事をご覧ください →5/15飲んで熊本応援始めます


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

< 関連記事 >
5/15飲んで熊本応援始めました
5/16熊本へ向かいました
5/22熊本県に行った一番の目的
5/23熊本の観音さんに復興への祈りを捧げる旅vol.1
5/24熊本の観音さんに復興への祈りを捧げる旅vol.2



soraumi2929.jpg

南九州の旅で素泊まり宿に泊まった翌朝。朝食におすすめの 朝早くから焼き立てのパンを食べることのできるコンビニがあります。


soraumi2931.jpg

そのコンビニの名前は every one(エブリワン)
イメージカラーは 青とオレンジってところでしょうか。


soraumi2930.jpg

道路沿いの看板にも 「焼き立てパン」 「手作り弁当」 の文字。
熊本・鹿児島など 南九州を中心に展開している コンビニチェーンですが、店内製造がセールスポイント。


soraumi2932.jpg

お店の中には焼き立てパンのコーナーが設けられていて、そのコーナーは他のコンビニには無い広さを誇ります。店内はもちろん 外にいてもパンを焼く匂いが漂ってきて 期待が高まります。


soraumi2934.jpg

この日来店したのは朝の7時なのに、所狭しと並べられたパンのラインナップは驚愕もの。24時間・365日営業のコンビニ業務を運営するだけでも大変なのに、早朝からのパン焼きに 弁当製造。それがお仕事と言っても 頭下がります。


soraumi2935.jpg

土地柄なのでしょうが、パンの価格が安い気がする。
九州自体 家賃相場を見ても全国平均より低い。全体的に物価が安いのでしょう。高松では130円で焼き立てカレーパンは食べれません。


そういうと 四国が安いものってなんだろう?


うどん。
香川だと。これはそう言えますね。あと、野菜とお魚。食べ物が安くで手に入るのは嬉しいことです。


soraumi2936.jpg

every oneの発祥は熊本。
勝手なマイ・ルールですが、今 熊本で行う消費は できる限り熊本資本、せめて九州資本のお店を利用したいと考えています。経済の仕組みをよく知りもせずに そんなこと言ってますが、ある程度物資の流通が戻った今 被災地に必要な力の一つは "消費" だと知りました。


soraumi2937.jpg

この日 購入した焼き立てパンは、おまいり最初の札所であった 宮原観音(みやのはるかんのん)前の東屋で食べました。

ただのコンビニパンも、このように外で食べると 味変わります。非科学的理論ですが、これ間違いない。


*「旅に出てコンビニ食?」

そう取ったらいけません。三食全てをご当地グルメじゃなくても良いと思います。

この日は焼き立てパンを購入して行った先に いい塩梅のベンチがあったので そこで食べることにしましたが、これが目的地に向かって運転する車の中で取っても構わないのです。食事の時間が短縮できた分、旅先での観光や体験、他のことに時間が捻出できます。


限られた時間とお金での旅と 被災地応援。段取り良くいきましょう。



ただ、心配なのが every oneが近年ファミリーマートさんに買収された事。

ファミマ規格に変わったら 焼き立てパンはどうなるのでしょう。
徳之島など 離島にも多く出店されていますが、それらの店舗はどうなるのでしょう。


今後も南九州旅をするであろう、私の関心はそちらです。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?
こちらの記事をご覧ください →5/15飲んで熊本応援始めます


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

< 関連記事 >
5/15飲んで熊本応援始めました
5/16熊本へ向かいました
5/22熊本県に行った一番の目的
5/23熊本の観音さんに復興への祈りを捧げる旅vol.1



三日かけて回った 熊本の観音さん・相良三十三観音めぐり。最後に訪れた札所で、大地震災害真っ只中の貴重な姿を拝むことができました。


soraumi2927.jpg

相良三十三観音第12番・合戦嶺観音(かしのみねかんのん)

山田伝助なる人物が 相良藩の禁制を破り 一向宗(浄土真宗)を信仰したことにより打首とされた、その場所の名前に由来。


地元の方が清掃に来られていました。
その方のご好意でお堂内に上がらせてもらった上 仏さまの扉を開いて頂くことができました。


soraumi2928.jpg

少しごちゃごちゃしてます。観音さんの周りには 果物を梱包する際になどに当てる緩衝材。


soraumi2924.jpg

*「まだ余震があって こうしとっと方が安定するんですよ…」

今まさに の事情があったのですね。ごちゃごちゃとは大変失礼しました。


軽々と それも間近でしっかりと見て拝ませて頂きましたが、こちら14~15世紀・室町時代の作。人吉・球磨地方には 江戸時代以前の仏像が数多く存在しますが、その中でもかなり古参なもの。幾多の戦乱や 数百年の時の流れを経て守られてきた観音さんと、最後の札所で対面することが叶いました。

掃除のおじさま。最初の地震が起こった時、いち早く観音さまの無事を見に ここに飛んできたそうですが、この背もたれになっている姿を見て 胸を撫で下ろしたそう。余震が多い今は この姿勢が楽なんだろうと、しばらくはこの姿のままお祀りするそうです。


soraumi2925.jpg

こちらは脇に祀られている 別の仏さま。よく見ると右手部分がありません。


soraumi2926.jpg

足元を見ると、左つま先もありません。地震で倒れて欠けてしまったそうです。



仏像だって形があるもの。いつかは壊れてしまいます。今までその姿を留めてきたことがむしろ奇跡。


こちらの観音さまは 大地震の痕をその身体に示し、後世に伝えていく役を担われたようです。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?
こちらの記事をご覧ください →5/15飲んで熊本応援始めます


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

< 関連記事 >
5/15飲んで熊本応援始めました
5/16熊本へ向かいました
5/22熊本県に行った一番の目的



熊本県南部、人吉・球磨地方に伝わる霊場 「相良三十三観音めぐり」 を回らせてもらいました。全国的にはあまり知られていません。しかしながら歴史由緒ある巡礼です。

有名≠高いご利益
とは常々考えておりません。自身が何を想って回るか、気持ちが大切。だから歩きが良いとか、自動車はいけないとかもありません。内容を重視したい。


余震1000回超えとか、人間にはどうすることもできない不幸な災害が起きている中、その事態を鎮めることができるのは 神さま・仏さましかだけではないでしょうか。熊本の観音さまにそのことをお願いに参りました。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2913.jpg

相良三十三観音第6番・嵯峨里観音(さがりかんのん)
相良観音まいりの良さは この距離感。いくつかの札所では 観音さまと目が合うような距離でお参りを行うことができます。


行って知ったのですが、当地は主に 春・秋の彼岸前後に回るものらしい。その時期には多くの札所で厨子の扉が開かれ、御開帳が行われ 大勢の巡礼者で賑わう。

四国八十八ヶ所や西国三十三観音のように通年参ることができるものかと思ったら、少し勝手が異なりました。 ※お参り自体は可能です


soraumi2912.jpg

ある札所の前には 石橋が架かっていました。
熊本県は "通潤橋" に代表されるように、石橋文化のお土地柄。これまで地震が少ない土地と認識されてきたことが大きいように思います。


それは阪神淡路大震災の時も同様です。関東は地震があるけれど、関西は地震が無いから良い。当時そんな価値観がありました。

地震列島日本で、もはやその考えは通用しないです。


soraumi2911.jpg

そらうみ看板犬しょうもおまいりに同行。熊本に上陸するのは初めて。

残念ながら犬畜生であるので、 "霊場" という聖地柄、連れて行けるのは入口まで。お参り中は良い子で待っていました。


soraumi2914.jpg

人吉市街地にも いくつか札所が存在します。ここは何度か通り過ぎて 発見しました。


soraumi2915.jpg

マリア観音と噂される石像
熊本はかつて "隠れキリシタン" の潜伏が多かったとされる地。信者たちは マリアさまを観音さまに似せて作り、 "オラショ" と呼ばれる祈祷文を密かに唱え 信仰を守った。

四国八十八ヶ所では 53番円明寺さんに隠れキリシタンのものとされる "キリシタン灯籠" が存在するが、神や仏 異なる存在であっても、神仏に手を合わせる意味では その気持ちは同じもの。信仰は黙認されてきたと言います。それはここでも同様のものと察します。


soraumi2917.jpg

球磨(くま)地方と言えば、日本三大急流(最上川・富士川・球磨川)の一つに数えられる、球磨川を擁する。熊本を代表するその川沿いに位置する札所もあります。


soraumi2918.jpg

お寺参りと言えばご朱印ですが、相良観音まいりのご朱印は このような形。お参りが終わってから、セルフ作業で自身の宝印帳に押印することになります。

実際のところ いくつかの札所には、宝印の設置がありませんでした。その際は 人吉温泉観光協会さんに連絡されると良いです。


soraumi2921.jpg

相良三十三観音第29番・宮原観音(みやのはるかんのん)
本堂は室町時代の建築様式を踏襲した安土桃山時代のもので、霊場屈指の歴史を誇ります。


相良三十三観音まいりの真髄は この古い歴史。


当地を治めた相良氏は、元々 遠江相良荘(現 牧之原市)の出。源頼朝に地頭として任命されて以来 明治維新まで約800年間、領地替えされることなく同氏がこの地を治めた(他大名では薩摩の島津氏、下総の相馬氏などが長い統治の歴史を持つ。それぞれ全国的には稀な例)

戦国時代には南に薩摩の島津氏、北に豊後の大友氏と言った両実力者に挟まれたが、それゆえ豊臣秀吉→徳川家康と 歴代覇者たちには緩衝地帯として所領を安堵。相良氏の庇護を受け、寺院を始め 数々の文化が守られてきた。


四国八十八ヶ所は 一時期四国を制覇した土佐の長宗我部氏に。西国三十三所は応仁の乱や 戦国時代に起きた大きな戦によって それまでの建造物が焼かれてしまった。現在 "古い" とされるものは、江戸時代以降の建立であることが殆ど。


より古い室町時代のものが 巡礼としては決して有名ではないこの地に現存しているのは、驚きと感動の連続でした。


soraumi2919.jpg

しかしながら 薩摩という強国の影響が無かったわけではなさそうです。


藩政時代には一向一揆を恐れた大名によって 浄土真宗が禁じられていた点は、相良と薩摩は同じ。

薩摩は明治新政府成立の原動力となった藩の一つだが、それゆえ明治元年に発布された神仏判然令を受けて 徹底した廃仏毀釈運動が行われた。

こちらのお地蔵さまは 軒並み首がすげ変えられている。観音信仰篤い球磨地方においても、薩摩主導の廃仏毀釈運動を 一部では止めることができず、影響を受けたことが いくつかの仏像を通じて見ることができる。


soraumi2920.jpg

初日は寝不足
二日目は暑さ

全て回るのに丸二日間で回る計画が、二日間一生懸命回っても 三日目にかかってしまいました。


有名霊場ではないので それほど道路標識があるわけではなく、かと言って土地勘がある場所ではないので スムーズなお参りとはいかず… 良過ぎる天候もあって…


それでも看板犬しょうは いつも大人しく、お参りが終わるのを待っていました。お参り同行も一つの情操教育ですね。



つづく


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


そらうみ看板犬しょうの制県レベル

★★★ 愛媛、香川、鹿児島、奈良、熊本、大分
★★☆ 徳島、高知
★☆☆ 岡山、広島、山口、福岡、佐賀、宮崎、兵庫、大阪

30点 / 全141点中

★★★…住んだ、泊まった
★★☆…そこで何かした
★☆☆…通過した



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?
こちらの記事をご覧ください →5/15飲んで熊本応援始めます


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

< 関連記事 >熊本のこと


このたびの熊本・大分の大地震に被災された皆様に 心からお見舞いを申し上げます。


今回 熊本県に行かせてもらったのは、こちらのおまいりを行うためでした。


soraumi2899.jpg

相良三十三観音めぐり
熊本県南部、人吉・球磨地方に伝わる観音霊場


ゲストハウスそらうみへ、最初の震度7の地震(前震)が発生した翌日に 熊本県からゲストさんが来てくれました。その夜中に再び発生した震度7(本震)。翌朝、不安いっぱいで家族・親戚に電話をかけるゲストさんの表情を忘れられません。

その痛みが十分過ぎるほど こちらに伝わってくる。自分も熊本県の一員のように思えました。



それから次第にニュース・報道等で被害の様子が明らかになるにつれ、熊本の方たちのために 何か力になれるものはないものか、思案に暮れる日々でした。


皆が皆 行動を起こさないといけないわけじゃない。まずは自分の日常をしっかり努めることが大事。

と知人に教わることもありました。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


そんなある日 一冊の宝印帳が出てきた。


soraumi2902.jpg soraumi2903.jpg

いつのことか思い出せないけど、バイクツーリングで人吉に行った時に入手した 相良三十三観音・宝印帳。

いつかまた人吉に来ることがあったら 回ってみようかな、くらいの気持ちで購入したはず。そのまま本棚の奥行きになったのは察しの通りです。


それがある日、他の本を探していた時に 偶然出てきた。



「被災地と被災者さんの無事を観音さんにお願いするのだったら、自分にもできる…」


義援金が被災地や被災者の皆さんの元に渡るものだとしたら、熊本の観音さんに納めたお賽銭はどうなるんだろう。


実際はお堂の改修や 管理している地域の運営費用、もしわるいおぼうさんがいたら 私的な飲み食いのお金になるかもしれません。

どれであっても熊本の方か 熊本で消費されることなら、今は良しです。辛いことがあった分、少しずつ幸せになって欲しい。


観音さん
観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)
観自在菩薩(かんじざいぼさつ)

全て同一のものですが、

の中をる菩薩
ることが自在の菩薩


自分が納めることができるお賽銭は ごく僅かですが、世の中を全てお見通しの仏さまだったら 人間の力では到底及ばない大きな力を持って、分け隔てなく より広い範囲へ慈悲を波及させてくれることが期待できます。


全く確証の無い勝手論ですが、やらないよりはやる方がいい。神仏に手を合わせて悪いことは起きない。トライしてみようと思い、旅立ちの準備を進めました。


情報収集においては、現地が大変な時に連絡を取らせてもらった人吉温泉観光協会の皆さま、ありがとうございました。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2901.jpg

世の中情報が溢れ過ぎてて、行動することで叩かれたり偽善と言われたり まあ色々な考えがあると思うのですが、困っている人を想って起こす行動は、何かを変える力があるんだな と感じました。

実際自分は熊本県に行き、現地の様子や被災者さんたちの声を聞くことができて、貴重な経験を得ました。

熊本の皆さんはとても元気です。お話すると 復興への心意気がとても感じられます。逆にこちらが元気をもらいました。たくさんの熊本人さんたちに会うことができて、被災地に行って本当に良かった。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


被災地は地震直後の物品品薄状態を脱して、今は一定の流通状態に復帰しています。ですが、人が戻ってきていない…

できれば熊本に来県頂いて 現状を少し見てもらったら、美味しいもの食べて 温泉に浸かって 宿泊して。そうすることで停滞している熊本経済を動かして欲しい、との熊本の方々の願いを聞きましたので ここで皆さんにお伝えさせて頂きます。



被災者さんたちに限らず、友人知人に対しても 「●●したら役に立てるかも…」 と隣人を想って行動を起こしましょう。きっと何か良いことに繋がり、ひいては世の中全体が良くなっていくはずです。



相良観音まいりの様子は後日…


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


同じ高松市にあるゲストハウス 「TEN to SEN ゲストハウス」オーナーさんも同時期に熊本を訪問していたようです。

ブログ記事→熊本2泊3日のたび!


熊本に行った時期が偶然同じなら、オーナーさんの出身も自分と同じ兵庫県。阪神淡路大震災に被災した身です。

地震災害に遭い困っている方たちを応援したい気持ちは同じことと思います。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?
こちらの記事をご覧ください →5/15飲んで熊本応援始めます


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi



最新記事