FC2ブログ


< 関連記事 >
2017,3/28豪雪地帯のゲストハウスで雪かき体験vol.1
2017,3/29豪雪地帯のゲストハウスで雪かき体験vol.2
2017,3/30豪雪地帯のゲストハウスで雪かき体験vol.3


古民家ゲストハウスやまねこ(新潟県十日町市)
※Facebookページ


soraumi4954.jpg

ゲストハウスの名前の通り ネコがいるゲストハウスさん。


soraumi4955.jpg

適度に警戒しながらも お茶目な子たち。


soraumi4956.jpg

やはり暖かい場所が好きなようです。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi4957.jpg

集まったみんなで一緒に食べる晩ごはん!

八海山(日本酒)の酒粕を用いた鍋だそうです。他にも味噌や漬物など、発酵食品がメイン。さすが寒いとこ、って感じですね。高松では味わうことのできないご当地の食文化に、舌鼓を打ちます。


soraumi4958.jpg

ビールはもちろん新潟限定ビイル 風味爽快ニシテ


なぜ新潟で札幌ビール?
新潟県長岡市出身の中川清兵衛。若き日にドイツに渡り ビール醸造技術を学び帰国。開拓使麦酒醸造所(現サッポロビール)の主任技師として着任し、同所初となるビールを発売。その時の宣伝コピーが 「風味爽快ニシテ健胃ノ効アリ」

詳しくはこちら → 風味爽快ニシテ(サッポロビール)

 
soraumi4959.jpg

新潟県は 海に山にひろーい県。内陸である十日町は、山菜や冬の保存食が発達した土地。海沿いの地域は 日本海の幸が豊富に手に入る土地柄。加えてコシヒカリに代表される 日本一の米どころ。

水よし、米よし、食べ物よし。
お酒が美味しくないはずがありません。


soraumi4960.jpg

薪ストーブで炙っているのは 地元で採れたおいもさん。


soraumi4961.jpg

ホクホクというよりは、もちっと美味しい!
スイートポテトのような、芋のお菓子を食べている食感。


soraumi4962.jpg

君も美味しいのはよくわかっているんだね。


宿主さんたちや 集まったゲストさんとの語らい、猫とのふれあい。冬の雪かき体験。滞在する楽しみがたくさん存在します。


vol.2へつづく


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

くまモン焼酎募金
ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?

< 関連記事 >
5/15飲んで熊本応援始めます
< 中間報告 >
6/22くまモン焼酎募金のご報告
11/30くまモン焼酎募金のご報告vol.2



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose
スポンサーサイト




< 関連記事 >
2017,3/28豪雪地帯のゲストハウスで雪かき体験vol.1
2017,3/29豪雪地帯のゲストハウスで雪かき体験vol.2



古民家ゲストハウスやまねこ(新潟県十日町市)
※Facebookページ


soraumi4948.jpg

そらうみ駅駅長しょう
制県レベルupのため、日本全国どこへでも連れ出します。

< 関連記事 >
2016,12/21そらうみ看板犬しょうの制県レベル
2017,2/5そらうみ看板犬しょうの制県レベルup、長野県
2017,2/24そらうみ看板犬しょうの制県レベルup、新潟県
2017,3/15そらうみ看板犬しょうの制県レベルup、岐阜県



soraumi4949.jpg

雪かきを終えて ようやく外に出すことができました。


♫ 犬は喜び庭駆け回り ♫
と同様に謳われたりしますが、寒さを苦にしないのは その通りのようです。


soraumi4950.jpg

時々足を滑らせて転んでみたり。雪の上歩くの慣れてないもんねえ。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi4951.jpg

通行が容易になった道を通って外界へ!
※飲んでいない運転手付きです


soraumi4952.jpg

いただきまーす!

雪かきはとってもお腹減ります。


soraumi4953.jpg

イオン十日町店でお買い物

除けて積まれた雪の高さ、量ともに半端ない。



つづく


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

くまモン焼酎募金
ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?

< 関連記事 >
5/15飲んで熊本応援始めます
< 中間報告 >
6/22くまモン焼酎募金のご報告
11/30くまモン焼酎募金のご報告vol.2



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

< 関連記事 >
2017,3/28豪雪地帯のゲストハウスで雪かき体験vol.1



古民家ゲストハウスやまねこ(新潟県十日町市)
※Facebookページ


soraumi4936.jpg

雪と言うモンスターとの終わりなき戦い。

いのちの道
を確保するために 一同励みます。


soraumi4937.jpg

危険な屋根の雪下ろし作業を体験


soraumi4938.jpg

どうして2階に出入口がついているのかがわかった。


soraumi4939.jpg

依然 雪は降り続きますが、戦いの成果あって 道と言えるものが出来てきました。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


お楽しみの…

soraumi4940.jpg

ビアータイム!

新潟限定ビイル 風味爽快ニシテ


冷蔵庫はいりません。雪の上置いといたら 勝手に冷えます。
この方式でやる場合、雪がたくさん降っていると 埋もれてどこ置いたかわからなくなるので、その点は注意が必要です。


soraumi4941.jpg

やまねこオーナーさんと かんぱーい!

達成感に充実感、爽快感。雪かきを終えた瞬間 多くの喜びを得ることが出来ました。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


ビフォー / アフター集

soraumi4942.jpg soraumi4943.jpg

soraumi4944.jpg soraumi4945.jpg

soraumi4946.jpg soraumi4947.jpg



vol.3へつづく


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

くまモン焼酎募金
ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?

< 関連記事 >
5/15飲んで熊本応援始めます
< 中間報告 >
6/22くまモン焼酎募金のご報告
11/30くまモン焼酎募金のご報告vol.2



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi4929.jpg

雪に埋もれつつあるこちらの古民家。日本一の豪雪地帯・新潟県十日町市に新しく出来るゲストハウスさん。

とは、宿主ご夫婦さんたちが 以前そらうみに来て下さって、そのお話を聞かせてもらいました。

教えてもらったお店には必ず行く。
こだわりです。行って差し支えなければ いつか必ず行きます。


古民家ゲストハウスやまねこ(新潟県十日町市)
※Facebookページ


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


ひとまず宿に到着して久しぶりの再会を喜び合い 「さて どうしたものか…」 と待機していたら…

soraumi4930.jpg

窓の外の雪。

「来た時より積もってますよね…」
*「ええ、やってもやってもこうです」

「みんなで雪かきしましょうか…」



雪が小降りになるのを見計らい、外へ繰り出しました。


soraumi4931.jpg

久しぶりに手にする雪かき道具!
昔北海道で暮らしていたことがあり、その時も雪下ろしで このような道具を手にしました。


soraumi4932.jpg

雪と一口に言っても、場所や気温 風向き等で雪質が変化します。

途中、細やかな霰(あられ)のような雪に変わりました。
このような乾いた雪なら 雪かきも楽チン。でも積もって固まっているような雪は 水分を含んでいて、とても重い。


soraumi4933.jpg

雪国住民の冬の暮らしは、毎日が戦いです。やっつけてもやっつけても きりの無い、強敵と戦闘の毎日。


屋根の雪下ろし
不安定かつ滑る足場、大変危険な作業です。


soraumi4934.jpg

雪は重たい!
ので、とても喉が渇きます。水分補給にスポーツドリンク必須。


精一杯体を動かして 汗を流して、適宜水分を摂って… の繰り返し。


これってエクササイズ?
身体を動かすことで健康になって、住民の役に立つことが出来て、動いた後のビールがウマい。


ジョセササイズとか名付けて 人夫募集したらいかがでしょう。


soraumi4935.jpg

家までの通路が開通する日は遠い…



vol.2へつづく


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

くまモン焼酎募金
ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?

< 関連記事 >
5/15飲んで熊本応援始めます
< 中間報告 >
6/22くまモン焼酎募金のご報告
11/30くまモン焼酎募金のご報告vol.2



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi4911.jpg

牟岐55ラーメンと書いて 「むぎごーごーらーめん」 と読む。
牟岐町と言えば徳島県南部、人口4,000人余りの漁業が盛んな街。

そんな小さな街に ラーメン通を唸らせる、本格派ラーメンが存在します。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi4912.jpg

お店の外のディスプレイ
どことなく田舎の中華料理屋さん(失礼)を思わせるところですが、侮ってはいけません。


店内に入ります。


soraumi4913.jpg

メニュー


大きく分けて、

鶏由来のこってりスープ
魚介由来のあっさりスープ



こちらの二本立て。


soraumi4914.jpg

自分はこってり系の白湯(パイタン)そばを注文


soraumi4915.jpg

こってり≠とんこつ

とんこつのようにドロドロのこってりではなく、味が濃厚のイメージ。動物性の臭みは無いので 万人に好まれる味わいのように思います。


soraumi4916.jpg

同行の友人は 牟岐ラーメンをチョイス


soraumi4917.jpg

店主のイチオシ!
と書かれたこちらの商品。一口スープを飲ませてもらいましたが、口に運ぶと海の香り。背脂たっぷりなのですが、脂臭さは感じられませんでした。

初めて来店するなら 港町という土地柄、こちらをオーダーすると良いように思いました。


soraumi4918.jpg

徳島県にありながら いわゆる徳島ラーメンとは異なる味わい。


このラーメンどこかで…
と思ったら、店主さんは香川県の有名ラーメン店・はまんどさんで修行されたようでした。


四国八十八ヶ所 札所間距離No.2、23番薬王寺から24番最御崎寺への80kmの間にある同店。この場所はまだ23番を出て10km少々の場所ですが、国道55号沿いの分かりやすい。

遍路道中 釣り サーフィン帰り 酷道ツーリング等々、この方面に出かけた時には 是非立ち寄って頂きたい、ラーメン屋さんです。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

くまモン焼酎募金
ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?

< 関連記事 >
5/15飲んで熊本応援始めます
< 中間報告 >
6/22くまモン焼酎募金のご報告
11/30くまモン焼酎募金のご報告vol.2



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

< 関連記事 >2017,3/25日本鉄道史最古級の橋梁を発見vol.1


soraumi5035.jpg

絶えず列車が行き交う東海道線・尼崎~立花間にある庄下川橋梁のおはなし。


soraumi5036.jpg

■石積み橋台×4
■コンクリート橋台×4

これらの橋台が、二線分ずつ 鉄橋を支えます。


①< 明治7年 /1874年 >単線

②< 明治29年 /1896年 >複線

③< 大正15年 /1926年 >複々線


当該区間の開通がこのように段階的に行われていることから、(明治から見て)最も新しい技術である コンクリート橋台を擁する北側二線が③のタイミングであるとの判断が 前記事でした。



それでは①と②のタイミング。より古く 日本の鉄道史最古級であるの橋はどちらでしょうか。


周辺の資材などを探って、考察してみたいと思います。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi5033.jpg

南側二線の鉄橋 橋渡し部分
こちらは橋台と同じように 石が布積みされています。南側二線共同じなので、これだけではどちらの線が古いものか特定は不可能。


そこでさっき見たイギリス積みレンガ橋台にピンときました。


soraumi5030.jpg

ウイング部分(路盤端)のイギリス積みレンガ、笠石付き


反対側を見てみると、

soraumi5037.jpg

対岸(尼崎駅方面)のウイングにも イギリス積みレンガ構造物が見られます。


①< 明治7年 /1874年 >単線

②< 明治29年 /1896年 >複線

③< 大正15年 /1926年 >複々線



①の時代にはレンガ建築はまだ伝わっていないように思います。もしあったとしても、それはフランドル積みで ここで見られるようなイギリス積みが広まったのは もっと後年。
既にある構造物に併せてレンガを組むのは容易ではないので、南二線のうち 端っこが②のタイミングになるのでしょうか。



素人である小生が考えるに

↑北
A
B
C
D
↓南


とあったら、

↑北
A③
B③
C②
D①
↓南


となるのでしょうが、ここでは周辺の建造資材を見るに

↑北
A③
B③
C
D②
↓南


という見方が可能です。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi5038.jpg

明治期の東海道線の開通によって 日本は飛躍的に発展。僅か数十年で欧米列強に肩を並べるまで国力が成長し、明治維新という言葉が生まれました。

我が国初めての鉄道こそ 1872(明治5年)の新橋~横浜間開通ですが、あくまでそれらは資材の多くを輸入材に頼って 外国人技術者の言いなりで作られた試作品のようなもの…。対して 関西の鉄道敷設は、レンガ一つとっても 工場を建ててレンガを焼成するなど、自前の資材と技術で作られていった。

日本鉄道史の始まりの地は、京都~大阪~神戸の鉄道開業と言っても過言ではありません。



要人・兵隊・旅人などの人員輸送だけでなく、食糧や建築資材 郵便物などの物資も、鉄道の開通によって より容易に、大量に、遠くまでもたらされるようになったことでしょう。



日本近代化の一部始終を見て来た証人でもあるこちらの橋台。物言わず人々を支える…


リアル、縁の下の力持ち


そんな発見がありました。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

くまモン焼酎募金
ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?

< 関連記事 >
5/15飲んで熊本応援始めます
< 中間報告 >
6/22くまモン焼酎募金のご報告
11/30くまモン焼酎募金のご報告vol.2



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi5025.jpg

JR東海道本線、尼崎~立花間に架かる 庄下川橋梁(しょうげがわきょうりょう)
かつては日本列島を支える交通の大動脈として、現在は京阪神の都市間を結ぶ交通期間として 365日休むことなく人や物を運び続けます。


この橋脚をよく見てみると、

soraumi5026.jpg

南側は石積み橋台

soraumi5027.jpg

北側はコンクリート橋台


であることがわかります。これはどういうことでしょうか。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi5028.jpg

この鉄橋の下は 歩行者・自転車が通ることが出来るアンダーパスになっているので、近付いて観察することにします。


soraumi5029.jpg

高速運転の列車が頻繁に行き交いますが、歩行者・自転車もよく通る!
幅が非常に狭いアンダーパスですが、地域の大切な通行路になっている様子。写真を撮るには 周りによく注意を払っていないと、通行の妨げになってしまいます。


soraumi5030.jpg

アンダーパス入口であり、ウイング部分(線路路盤の端)には、イギリス積みのレンガ建造物と それを守る笠石。

この解析は後ほど詳しく。


< イギリス積み関連記事 >2017,3/24実はレンガ建造物である原爆ドーム


soraumi5031.jpg

複々線(上下二本ずつ)区間であり、それぞれ四台ある橋脚が二線分の鉄橋を支える構造。


soraumi5034.jpg

北側二線を支えるコンクリート橋台


当該区間は、

①< 明治7年 /1874年 >単線

②< 明治29年 /1896年 >複線

③< 大正15年 /1926年 >複々線


と段階的に開通。(明治から見て)コンクリート工法は後年の技術となるので、北側二線はの時代に建設されたことがわかります。


soraumi5032.jpg

南側の二本を支える橋台は 切石を布積みで組まれたもの。


これは相当古い。

そもそもこの区間の開通は明治一桁年。まだ日本にレンガ技術が伝えられていない(もしくは伝わって広まっていない)時代。

最初は突貫工事で木製だったものが 腐食や強度不足が指定されて、外国人技術者(お雇い外国人)指導の下、石積みの橋台を作り直した。


こちらの切石の積み方は欧米仕込みですが、石を積む秘術は 築城による石垣建造で古くから培われていたことから、他の資材を用いるより 建造が容易だったことが想像できます。

< 関連記事 >2017,3/23珍しいレンガ積み発見! 鉄道黎明期の生き証人


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


①< 明治7年 /1874年 >単線

②< 明治29年 /1896年 >複線

③< 大正15年 /1926年 >複々線


北側二線が 最も新しい③となると、
南側二線のうち、どちらが より古い①のタイミングで建造されたものなのでしょうか。


橋梁付近を散策して 判断材料を探ってみることにします。



vol.2へつづく


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

くまモン焼酎募金
ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?

< 関連記事 >
5/15飲んで熊本応援始めます
< 中間報告 >
6/22くまモン焼酎募金のご報告
11/30くまモン焼酎募金のご報告vol.2



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi5018.jpg

戦争の惨禍を現代に伝え続ける原爆ドーム。



日清戦争(1894・明治27年 ~ 1895・明治28年)時に大本営が廣嶋(広島)に置かれたことにより軍都として急速に発展。更なる街の発展には広島県産製品の販路拡大が急務となった。

そこでチェコ人建築家ヤン・レッツェルによって建てられたのが 「広島県立商品陳列所」。1915(大正4年)に竣工した。


1933(昭和8年)には 「広島県産業奨励館」 に改称され、広島県の文化振興に大きく貢献。そして1945(昭和20年)8月の原爆投下日を迎えることとなる。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi5019.jpg

原爆投下によって廃墟となった産業奨励館は、戦災復興を目指す市民たちから いつしか原爆ドームと呼ばれるようになった。


soraumi5022.jpg

その原爆ドームをよく観察してみると、資材にレンガが多く使用されていることがわかります。


soraumi5020.jpg

曲線部分も見事な煉瓦積み


soraumi5021.jpg

積み方はイギリス積みです。


< イギリス積み >
長手長手長手…
小口小口小口…
長手長手長手…
小口小口小口…




大きさの異なるレンガのみを同じ段に積んでいく方法。


< フランドル積み >
長手小口長手小口…
小口長手小口長手…
長手小口長手小口…
小口長手小口長手…





明治の文明開化以降、先に日本に入って来た工法は 後者のフランドル積みだったが、後にイギリス積みが伝えられると 経済性・耐久性に勝る イギリス積みが主流になっていく。

フランドル積み < イギリス積み
の傾向は、関東大震災(1923 / 大正12年)で決定的となった。


< フランドル積み関連記事 >2017,3/23珍しいレンガ積み発見! 鉄道黎明期の生き証人


soraumi5023.jpg

"フランドル積みは地震に弱い"
現在見られるレンガ建造物の殆どは イギリス積みが伝えられた1887(明治20年)年を境に 明治中期以降に建てられたもの。


近年の研究では どちらも耐久性に差異は無いとする報告もあるようですが、原爆ドームがフランドル積みで建設されていたら 激しい爆風に耐えることができていたかどうか…


soraumi5024.jpg

昔は今と異なり 一つの建造物に対して一軒ごとの専用デザイン。予算が多く取られることによって 入念に造ることができているので、100年以上前の古い建造物が 現代に残ることができているのはそのためでしょう。



原爆ドームは平和の尊さを今に伝え続けると共に、優れた日本の建築技術を今に伝える証人でもあるのです。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

くまモン焼酎募金
ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?

< 関連記事 >
5/15飲んで熊本応援始めます
< 中間報告 >
6/22くまモン焼酎募金のご報告
11/30くまモン焼酎募金のご報告vol.2



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi4904.jpg

煉瓦が好きです。
レンガの建造物って 文明開化を感じさせるというか、どこかレトロな雰囲気が漂っていて気になる存在。



香川県内とある場所で、今となっては珍しいレンガ建造物を発見しました。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi4905.jpg

JR土讃線(多度津~窪川)
香川と高知を結ぶJR四国の大動脈の一つ。

多度津 / 高知
両側から順々に開通していき路線が繋がったのが1935年(昭和10年)。これにより(北海道と沖縄を除く)日本全国の県が 県外と陸路の交通機関で繋がった。その最後の県が高知県でした。


こちら 善通寺付近の区間の開業は1889年(明治22年)
現JRとなっている区間では四国初、四国全体の鉄路としても二番目に古い(最古は伊豫鉄道)



それゆえか見られるこちらの橋台

soraumi4906.jpg

レンガ積み


…というだけでは感動を半分損しています。


soraumi4907.jpg

今となっては貴重な "フランドル積み" という工法が用いられています!


soraumi4908.jpg

通称 フランス積み
長手レンガ小口レンガを同じ段に並べて行く工法。明治の文明開化以降 いち早く日本に伝えられたレンガ工法が こちらの積み方になります。


フランドル積み
(イギリス積みに比べて)
◎模様が美しく現れる
×レンガの個数が必要
×強度が不足



soraumi4909.jpg

イギリス積みはこちら(全く別の場所のものです)
長手レンガと小口レンガを それぞれのみ段違いに積んでいく。


イギリス積み
(フランドル積みに比べて)
◎レンガの個数が少ない
◎強度的に勝る



地震大国日本であることと 文明開化による建設ラッシュが起こり、経費・強度で勝るイギリス式の工法が日本に入って来ると そちらがレンガ工法の主流へなっていく。
フランドル積み建造物は 個人が行う小規模な物に留まり、以降あまり見られなくなっていった。


soraumi4910.jpg

この橋台がフランドル積みで作られた理由は想像するに…


■開通年度が古いため、イギリス積みが主流となる前に建設された
■潤沢な予算があった

etc…

時代は鉄道黎明期。敷設経費がよくわからなかったため、とりあえずざっくり大きな予算を組むことが想像できる。それゆえ入念な建造が叶い、100年以上経った現在でも現役で活躍することができているのでしょう。



自分にとっては 国宝級の存在ですこれ。
世の中のレンガ建築を見ていると その殆どがイギリス積み。フランドル積みは 残っているものが本当に少ない…!

また何をするわけでなく、このレンガ橋台を拝みに行くことでしょう。それくらい貴重なものです。



古い建造物は その時代情勢を色々と想像をすることができる。身近な場所で面白い発見がありました。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

くまモン焼酎募金
ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?

< 関連記事 >
5/15飲んで熊本応援始めます
< 中間報告 >
6/22くまモン焼酎募金のご報告
11/30くまモン焼酎募金のご報告vol.2



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi4896.jpg

朝、港で船を待つ人たち。

釣り人、旅人、島民さん、荷物を島へ送るお店の方…


様々な人間ドラマを見ることができる、始発フェリーの待ち時間。


soraumi4897.jpg

多度津港(香川県多度津町)
多くの有人離島を抱える香川県。瀬戸内海に浮かぶ島々と言っても 渡る港は別々。

高松…小豆島など
丸亀…本島など
多度津…佐柳島など
詫間…粟島など
観音寺…伊吹島



それぞれ自治体が異なることにより 運航するフェリーが違ってくるので、港が起点となり 島から島へ移動することができないのが難点。

島から島へアイランドホッピング… これはカヤックで叶います。瀬戸内海は最高のシーカヤックゲレンデ。



それはさておき、

soraumi4898.jpg

離島へ行く際は予め時刻を調べておきましょう。当日朝だと焦るので、前夜のうちに必ず。


soraumi4899.jpg

こちら乗船券売り場
西讃方面へ行く用事があったので、ゲストさんをお見送りに多度津港へやってきました。


soraumi4900.jpg

チケット
ゲストさんの目的地は佐柳島(さなぎじま)。猫がたくさんいることで このところ人気です。


soraumi4901.jpg

フェリーがやってきました!


soraumi4902.jpg

前面が開いて車両甲板となる 瀬戸内海の短距離航路スタンダード式。人と荷物が乗り込みます。


soraumi4903.jpg

行ってらっしゃい!

瀬戸内海アイランドトリップ。ゲストさんに人気です。




多度津港 場所ここ


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi2882.jpg

くまモン焼酎募金
ゲストハウスそらうみで 熊本名産・米焼酎を飲むことで熊本応援に参加しませんか?

< 関連記事 >
5/15飲んで熊本応援始めます
< 中間報告 >
6/22くまモン焼酎募金のご報告
11/30くまモン焼酎募金のご報告vol.2



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose



最新記事