FC2ブログ


soraumi5411.jpg

甲子園口駅の西側(神戸寄り)

地域の住民たちが親しみを込めて "まんぼう" と呼ぶ、小さな鉄道下通路が存在します。


soraumi5412.jpg

入口にアプローチする部分がグレーチングになっていることから、ここが元々用水路であることがわかる。


明治7年(1874)に開業した省線(現JR)の東海道本線は、田園地帯を突っ切る形で土を盛って線路を敷設することになったので、両側に広がる田畑に水をもたらすために 所々に用水路が作られた。

時代が進み 田畑が宅地化されると、農業用水確保より 線路南北の行き来が重要視されるようになる。水路は暗渠化され 路盤が掘り下げられる等、全国各地で用水路が人間が歩いて通ることができるように改造された例は多い。


この小さなレンガアーチのトンネルは その一つ。写真で見ると 「そうでもないんじゃない?」 と思えるが、坑門に立ってみると…

soraumi5413.jpg

26インチのママチャリがこの通り。
調べるとトンネル内部の地上高で 最も低いところが130cm。お友達のアリエッティちゃんでも しゃがんで歩かないと通れない低さ!


頭を打たないように上体を低く低く心がけて、自転車を押して反対側に出ました。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi5414.jpg

南側に出たところ。振り返るともう次の通行者が対向者が来ないか 顔を覗かせている。

中でガッチンコしてしまうと離合できないため、ここでは対向者が来ていないか進入前に確認することが暗黙のルール。隧道内で対向者が見えても、速やかに反対側の出口に進む。


出たところで 頭を下げたまま

*「お先でーす」
「いいえー」


自然とコミュニケーションが生まれる。そんな都会のほのぼの通路が こちらの "まんぼう" なのです。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


自転車を一旦置いて、歩いてトンネル内部を撮影することにします。


soraumi5415.jpg

甲子園口東側の三連アーチトンネルと同じく、途中までがコンクリート。その先からレンガアーチ。後年の複々線化工事の際に延長された部分ですね。

こうして写真を撮らせてもらっているのですが、後ろに前に 次々人影が…。シャッターチャンスは ほんの一瞬。



それにしても 本当によく人が通ります。頭をケガをするかもしれない 通りにくいトンネルなのに。地域には欠かせない存在であることがわかります。


市民の皆さま、お急ぎのところ立ち止って申し訳ありません。


soraumi5416.jpg

では、どうして "まんぼう" と呼ぶのか?


地域によって呼び方が様々な "まんぼう"
先述の ねじりまんぽ の "まんぽ" も地域によって呼び方が変化したもの。

どうやら語源は 「間府」 らしい。 "まぶ" とは、鉱山などで人工的に掘られた穴を意味する。


"まんぼう" は 当地に暮らした文人・谷崎潤一郎の小説 「細雪」 の一節にも登場。

「奥畑は、その山側の停留場のうしろの方のマンボウから出て来て、国道を北から南へ横切って……」

と紹介されている。
※ その "まんぼう" は、もう少し神戸よりの、西宮市平松町のまんぼうとされる



生活と結びついた小さなトンネルを、この地域の人々は 愛着を込めて "まんぼう" と呼んだ。のではないだろうか。
都会の笑顔が生まれるスポットは、名前の由来も微笑ましいようです。




甲子園口のまんぼう
コインパーキング左上の、線路下に描かれている通路部分



< 東海道本線黎明期 関連記事 >
2017,3/25 日本鉄道史最古級の橋梁を発見vol.1
2017,3/26 日本鉄道史最古級の橋梁を発見vol.2

2017,4/17 阪急京都本線の一部区間は、明治鉄道創成期由来のもの
2017,4/19 JR・阪急の橋脚に残る機銃掃射痕
2017,4/25 鉄道黎明期の遺構、煉瓦アーチ
2017,4/26 神崎川に架かる鉄橋の橋台は、日本鉄道史最古級の遺構
2017,4/27 千里線と別れて旧東海道線の痕跡探し
2017,4/28 水路を辿って発見した戦前の舶来レール

2017,5/24 古くからの歴史の舞台、逢坂の関
2017,5/25 日本鉄道史上初! 日本人の手で造られた逢坂山隧道vol.1
2017,5/26 日本鉄道史上初! 日本人の手で造られた逢坂山隧道vol.2
2017,5/27 かつての東海道線の遺構と、現代の逢坂山越えに挑む鉄道
2017,5/28 中世古城風。JRと京阪の立体交差
2017,5/29 国道1号下に残る旧線遺構、ねじりまんぽ

2017,5/30 甲子園口駅東側にある、残念な三連アーチ



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose
スポンサーサイト




soraumi5402.jpg

甲子園口東側にある三連アーチのトンネル。古くからのもので 補修されながら大切に使用されていることがわかるのですが、よく観察すると ところどころちぐはぐな点が見られます。


soraumi5403.jpg

最初この模様を見て、フランドル積みだ! と興奮しました。

soraumi5404.jpg

長手小口長手小口…

小生、フランドル積みが大好きです。見つけると興奮します。人生で殆ど見たことはありません。だから見つけると興奮するのです。

< フランドル積み記事 >
2017,3/23 珍しいレンガ積み発見! 鉄道黎明期の生き証人
2017,6/20 遍路道沿いで見られる珍しいレンガ橋台【75番札所「善通寺」→76番札所「金倉寺」】




と、一時的に喜んだのですが よく観察すると…

soraumi5405.jpg

あ、これコンクリートの補強だった。

コンクリートを吹き付けた後に 上から装飾。それがフランドル積みの模様でした。という事は 補強工事を請け負った人物は、美しい模様が現れるその工法を知っていたということではないか?
まあ 装飾だけなら資材の必要数は変わらないでしょうから、偶然かもしれませんが。本物かどうかは別として、フランドル積みはなかなか見ることができないので、模様だけでも見れると嬉しくなります。


破損部分に見え隠れしているベースのレンガは、東海道本線の標準・イギリス積みと判別できました。


soraumi5407.jpg

三つある隧道のうち、両側は道路。真ん中は駐輪場になっています。


soraumi5406.jpg

前後が川(水路)であることから、真ん中のトンネルは元々は水路。この部分に暗渠(あんきょ、地下水路)を通して その上を埋め立てて駐輪場として活用しているようです。天井部分はコンクリートで補強。



一旦南側に出てから、今度は道路となっている穴を通ることにします。

soraumi5409.jpg

側壁の角となる部分を切石で補強。その周囲は塗料で塗装。ところどころ剥がれ落ちてレンガが見え隠れしているので、基礎はイギリス積みレンガと推察できる。


soraumi5408.jpg

トンネル内部を覗くと 途中からアーチが始まっている部分が見える。よってそこから先が元祖、そこまでは後年の複々線化工事の際に延長工事したものと思われます。


soraumi5410.jpg

元からあったと思われる部分には 土台と側壁に切石。所々剥がれた塗料部分に 煉瓦が見えていることから、東海道本線で多く見られるレンガアーチが基礎になっているものと思われます。隧道の大きさから見るに 三層巻きくらいでしょうか。なにぶん隠されてしまっているのが残念。


外の装飾はフランドル積み模様で凝っているのに、基礎となっているイギリス積み部分は塗料でひた隠し。補強工事の経緯が知りたくなる、興味深い隧道です。




甲子園口駅 場所ここ
駅東側(大阪寄り)の南北の水路と 東西の線路が交差する部分



まんぼうにつづく


< 東海道本線黎明期 関連記事 >
2017,3/25 日本鉄道史最古級の橋梁を発見vol.1
2017,3/26 日本鉄道史最古級の橋梁を発見vol.2

2017,4/17 阪急京都本線の一部区間は、明治鉄道創成期由来のもの
2017,4/19 JR・阪急の橋脚に残る機銃掃射痕
2017,4/25 鉄道黎明期の遺構、煉瓦アーチ
2017,4/26 神崎川に架かる鉄橋の橋台は、日本鉄道史最古級の遺構
2017,4/27 千里線と別れて旧東海道線の痕跡探し
2017,4/28 水路を辿って発見した戦前の舶来レール

2017,5/24 古くからの歴史の舞台、逢坂の関
2017,5/25 日本鉄道史上初! 日本人の手で造られた逢坂山隧道vol.1
2017,5/26 日本鉄道史上初! 日本人の手で造られた逢坂山隧道vol.2
2017,5/27 かつての東海道線の遺構と、現代の逢坂山越えに挑む鉄道
2017,5/28 中世古城風。JRと京阪の立体交差
2017,5/29 国道1号下に残る旧線遺構、ねじりまんぽ



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi5390.jpg

斜めに上がる道は 国道161号支線。と言うよりは、事実上 浜大津方面から国道1号・膳所(ぜぜ)方面へ短絡する側道と言った方がわかりやすい。


その合流手前に、前面をガードレールに覆われた水路がある。この場所は逢坂山隧道の位置からして、少し怪しい場所。気になったので近付いてみると…

soraumi5391.jpg

!!!

内部レンガ巻き & ねじりまんぽ!


soraumi5392.jpg

ねじりまんぽ は通称で、正しくは "斜拱渠"
読みは "シャキョウキョ"

読みを聞いても上手く読めないような、聞きなれない名称ですよね。


拱は訓読みで 「こまぬく」 と読みます。

「腕を拱いて…」 と言いますが、これは腕を組むこと。現在は 「こまねく」 とも書きますが、それは誤り。
重複と書いて本来は 「ちょうふく」。けれど一般的には 「じゅうふく」 と読まれるのと同じイメージ。

腕を組む すなわち腕を拱くと、その形状はアーチ状に円形になるということで、 "拱" という字はアーチを意味する。


拱… アーチ状の
渠… 溝、水路


そのアーチがねじりまんぽのように斜めに組まれていると、それら全てをくっつけて "斜拱渠" となるのです。






難しいので "ねじりまんぽ" と呼びますね。

"レンガを捻るように組むことで強度が増す"
との事から鉄道橋を中心に用いられた工法ですが、現在確認されている物は30件前後。その多くは関西に存在。通常のレンガアーチ橋より個数が必要なことから、

★ 潤沢な予算が用意されていた本線級路線 →東海道本線など
★ 官営鉄道にガチンコ勝負を挑んでいた民営鉄道 →関西鉄道など、関西に多い
★ レンガの産地が近かった →西日本では早くから自前でレンガが製造されていた


これらの要因を勘案すると、関西を中心に見ることができるのが納得できるところである。



こちらのねじりまんぽを通行するには 胴長(ウェーダー)等の装備が必要なので 今回は未進入。

ここにこだわらなくても、アンダーパスになっていて 下部を歩いて通れるねじりまんぽもいくつか存在します。

有名なところでは 蹴上疎水公園にあるねじりまんぽ。そこのものは人目につきやすいことから、"ねじりまんぽ" と検索して出てくる記事は ほとんどそちらのもの。
この場所からだと 京津線・上栄町or大谷駅→地下鉄東西線・蹴上駅に直通。下りたらすぐなので ねじりまんぽ初心者さんには まずはそちらの観察がお勧めです。


soraumi5393.jpg

この場所は 京津線沿いにある煉瓦橋台の裏側にあたる。すなわち現国道1号の高い築堤の一部は 旧東海道本線の路盤が転用されたのでは… と思い覗いてみたら、大正解でした。


国道1号は日本を代表する幹線道路。故にここ大津市の区間も 乗用車・大型車問わず、頻繁に車両が行き交う。

この部分の多くはコンクリートで補強されているとは言え、水路部分は 百年以上前に組まれたレンガアーチ。

かつては重連の蒸気機関車。現在は大型車両の往来。
それなのに大きく損傷することなく 現存していることは、当時の技術の高さを示す 何よりの証拠。
この地で大規模な地震が起きていないことも幸いですが、しっかりお金をかけて 入念に造り込めば 長持ちするということでしょうか。

昨今CM等で "百年住宅" という言葉を耳にしますが、工務店さん、是非こちらの視察いかがでしょう。



現在、耐震強度の問題から徐々に数を減らしつつある ねじりまんぽ。見れるのは今のうちかもしれません。




旧吾妻川橋梁(ねじりまんぽ) この建物の向かい
逢坂山隧道や レンガ橋台跡、上関寺隧道の近くです。


< 東海道本線黎明期 関連記事 >
2017,3/25 日本鉄道史最古級の橋梁を発見vol.1
2017,3/26 日本鉄道史最古級の橋梁を発見vol.2

2017,4/17 阪急京都本線の一部区間は、明治鉄道創成期由来のもの
2017,4/19 JR・阪急の橋脚に残る機銃掃射痕
2017,4/25 鉄道黎明期の遺構、煉瓦アーチ
2017,4/26 神崎川に架かる鉄橋の橋台は、日本鉄道史最古級の遺構
2017,4/27 千里線と別れて旧東海道線の痕跡探し
2017,4/28 水路を辿って発見した戦前の舶来レール

2017,5/24 古くからの歴史の舞台、逢坂の関
2017,5/25 日本鉄道史上初! 日本人の手で造られた逢坂山隧道vol.1
2017,5/26 日本鉄道史上初! 日本人の手で造られた逢坂山隧道vol.2
2017,5/27 かつての東海道線の遺構と、現代の逢坂山越えに挑む鉄道
2017,5/28 中世古城風。JRと京阪の立体交差



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi5386.jpg

中世ヨーロッパの古城を彷彿させる重厚かつ豪華な造りの煉瓦橋。下部にJR東海道本線(大津 - 山科)、上部に京阪京津線(大谷 - 上栄町)が それぞれ走ります。


soraumi5387.jpg

馬蹄型のトンネルを擁する跨線橋。本線中の本線とも言える 東海道本線だからか、とにかく類を見ない豪華な造り。

四層巻き側壁レンガ
帯石に達する要石
切石の帯石
凸凹に組まれた高覧
その上に乗せられた笠石
etc...


凝りに凝ったデザインは、日本国の威信をかけた大工事だったことを 窺い知ることができます。


JR 大津 - 山科 - 京都 の区間と言えば、スマホ等通信が途絶えてしまうほどの長大トンネル。他では新快速など高速列車で突入すると 耳が塞がる、とは関西あるあるでしょうか。


soraumi5388.jpg

JR名… 上関寺隧道
京阪名… 蝉丸跨線橋


左右で坑門の位置にずれがあるのは、先に開業した京津線が JR線に対して 斜めに走っているため。

こちらのJR区間は東海道線の新線。従前の省線逢坂山隧道経由は勾配がきつく 迂回ルートを取っているため、距離が長く時間がかかる。そのため短絡線として 新ルートとトンネルが開削されることとなった(大正10年(1921)・新線開業)


soraumi5389.jpg

付近は鉄道敷地か私有地であり、設置されているフェンスが高いため 撮影は容易ではないが、辛うじて近づける部分をたどって 気になる高覧部分に近づいてみた。

造りに職人さんのこだわりが感じられる。この区間を鉄橋とせず 敢えて凝った造りの煉瓦跨線橋としたことは、多くの人が目に触れる日本の大動脈・東海道本線という場所柄、国威掲揚の意図もあったことでしょう。


いつまでも残って欲しい 昔の風景です。



なお、新しく開削された "新逢坂山隧道" はこの跨線橋の後方約100mの場所に位置する。よくこちらの跨線橋と間違えられますが、それぞれ別のトンネルです。




上関寺隧道 この付近



ねじりまんぽにつづく


< 東海道本線黎明期 関連記事 >
2017,3/25 日本鉄道史最古級の橋梁を発見vol.1
2017,3/26 日本鉄道史最古級の橋梁を発見vol.2

2017,4/17 阪急京都本線の一部区間は、明治鉄道創成期由来のもの
2017,4/19 JR・阪急の橋脚に残る機銃掃射痕
2017,4/25 鉄道黎明期の遺構、煉瓦アーチ
2017,4/26 神崎川に架かる鉄橋の橋台は、日本鉄道史最古級の遺構
2017,4/27 千里線と別れて旧東海道線の痕跡探し
2017,4/28 水路を辿って発見した戦前の舶来レール

2017,5/24 古くからの歴史の舞台、逢坂の関
2017,5/25 日本鉄道史上初! 日本人の手で造られた逢坂山隧道vol.1
2017,5/26 日本鉄道史上初! 日本人の手で造られた逢坂山隧道vol.2
2017,5/27 かつての東海道線の遺構と、現代の逢坂山越えに挑む鉄道



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi5380.jpg

逢坂山隧道の坑門を背に大津方面(東)を眺めます。

中央ビルの右側は国道1号、左下の道はここから分岐して浜大津へ下りて行く国道161号。この見えている景色の中にも 明治初年の鉄道遺構が残されています。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


ビルの下にやってきました。

soraumi5382.jpg

京阪京津線を挟んで、どーんと煉瓦橋台登場! もちろん現在は使われていません。


soraumi5383.jpg

精巧なイギリス積みレンガ橋台は、かつての東海道本線の遺構です。
現在は別ルートとなっている東海道本線(琵琶湖線)の山科 - 大津間ですが、明治13年(1880)の開業当初は この付近を走っており、逢坂山隧道を出た線路は この部分を鉄橋で越えていた。上部にある各二箇所の石が線路を受けていた部分と思われます。

反対側の橋台は現存しない。


soraumi5384.jpg

眺めていると 山科(京都市内)方面から京阪電車が下ってきました。


soraumi5385.jpg

京阪電鉄所属の800系と呼ばれる車両で、人呼んで "日本一高コストな電車"

この車両が走る区間は 京都市営地下鉄東西線に始まり、京津線逢坂山区間の登山鉄道レベルの急坂・急カーブ、自動車との併用軌道区間など、通常の鉄道ではありえない 多種多様な区間を抱える。そのため 車両に様々な工夫や改造が施されている。

例えば かつての省線逢坂山隧道を超える急勾配区間を走破するために 4両全てが高出力の電動車であったり(車両の全てにエンジンが備え付けられているイメージ。電車なのでモーター)、併用軌道区間での自動車との接触損傷を想定して 軽量合金ではなく鋼製が用いられていること等。


急勾配・急カーブを走行する様は、かつての鉄道の難所に現代の技術で立ち向かう、逢坂山越えの継承者でもある。日本で唯一地下鉄が路面電車となる 京阪京津線。乗り鉄おすすめです。




レンガ橋台&京阪京津線 こちらのビルの下



上関寺隧道へつづく


< 東海道本線黎明期 関連記事 >
2017,3/25 日本鉄道史最古級の橋梁を発見vol.1
2017,3/26 日本鉄道史最古級の橋梁を発見vol.2

2017,4/17 阪急京都本線の一部区間は、明治鉄道創成期由来のもの
2017,4/19 JR・阪急の橋脚に残る機銃掃射痕
2017,4/25 鉄道黎明期の遺構、煉瓦アーチ
2017,4/26 神崎川に架かる鉄橋の橋台は、日本鉄道史最古級の遺構
2017,4/27 千里線と別れて旧東海道線の痕跡探し
2017,4/28 水路を辿って発見した戦前の舶来レール

2017,5/24 古くからの歴史の舞台、逢坂の関
2017,5/25 日本鉄道史上初! 日本人の手で造られた逢坂山隧道vol.1
2017,5/26 日本鉄道史上初! 日本人の手で造られた逢坂山隧道vol.2



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi5372.jpg

元祖日本人の手で造られた鉄道トンネル・逢坂山隧道(おうさかやまずいどう)


soraumi5373.jpg

東口にあたるこちらは かつての上り線の坑口こそ埋められて入ることができないが、下り線側は 途中まで進入可能。


soraumi5374.jpg

下り線 東口

上部から、


笠石(かさいし)
扁額(へんがく)
帯石(おびいし)
要石(かなめいし)
迫石(せりいし)


石積みトンネルのフルコース!
確固たる工法が確立されていない時代だからこそ、抜かりないよう一生懸命作り込んだ印象を受けます。


坑門の下部がすぼんだ形状は、馬の蹄(ひづめ)に似ている事から "馬蹄型アーチ"
鉄道隧道でよく見られる形状。


soraumi5375.jpg

旧逢坂山隧道の概要
明治13年(1880)竣工。大正10年(1921)に 現ルートである新線完成により供用が停止されるまで、約40年間使用された。


soraumi5376.jpg

内部は精巧なイギリス積みレンガ巻き。黒ずんで見えるのは 蒸気機関車時代のばい煙か、苔か。不明。



この時代のトンネルは 現代と比べると地上高が低い。


蒸気機関車・気動車 / 電車
一般的に電車用のトンネルの方が広い空間を必要とする。後者は車体下にモーターが設置されることと 上部に電力供給のためのパンタグラフがあるため車高が増し、トンネルには架線を張るスペースが必要になるため。

後年 新逢坂山隧道の完成により役目を終えることになるこちらのトンネル。急勾配区間と迂回ルートの回避が主目的となっているが、電化を行うにあたり トンネル断面が小さく 電化に際しても架線が張れなかったことも、ルート切り替えの要因と言える。


soraumi5377.jpg

時代的には レンガ工法はフランス積みが主流だった時代だが、鉄道関連の技術は英国に指示を仰いだ経緯から、古い時代であってもイギリス積みが見られる。

soraumi5378.jpg

言い換えれば "日本最古級のイギリス積み建造物" とも言える。手に触れ その歴史を直に感じることができるこの場所は貴重!


soraumi5379.jpg

功頼成楽(右から読む)
"らくせいらいこう" と読む。

トンネルなど国家プロジェクト級の建造物の完成に際し、著名人や書家の直筆で贈られる記念書を揮毫(きごう) と呼ぶ。こちらの文字は、隧道完成当時の太政大臣であり 公家出身の三条実美(さんじょうさねとみ)によるもの。

建造物が完成することを本来 "落成" と書くが、"落" の字が落盤通ずる縁起の良くないものであることから、 "楽" の字が充てられたと言われる。


soraumi5380.jpg

トンネル坑門を背に振り返り 大津方向を眺めます。
正面に見えるビルと山の間が 現在の国道1号。ビルの左下の道は途中で京阪線と交わり、湖岸の浜大津へ下って行きます。



この周辺にも明治鉄道黎明期の遺構が残されています。




旧逢坂山隧道東口 場所ここ



煉瓦橋台&京津線につづく


< 東海道本線黎明期 関連記事 >
2017,3/25 日本鉄道史最古級の橋梁を発見vol.1
2017,3/26 日本鉄道史最古級の橋梁を発見vol.2

2017,4/17 阪急京都本線の一部区間は、明治鉄道創成期由来のもの
2017,4/19 JR・阪急の橋脚に残る機銃掃射痕
2017,4/25 鉄道黎明期の遺構、煉瓦アーチ
2017,4/26 神崎川に架かる鉄橋の橋台は、日本鉄道史最古級の遺構
2017,4/27 千里線と別れて旧東海道線の痕跡探し
2017,4/28 水路を辿って発見した戦前の舶来レール

2017,5/24 古くからの歴史の舞台、逢坂の関
2017,5/25 日本鉄道史上初! 日本人の手で造られた逢坂山隧道vol.1



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi5368.jpg

石積みの坑門に内部は煉瓦アーチ。見るからに古そうなこちらの隧道(ずいどう、トンネル)は、東海道線山科 - 大津間に存在した 旧逢坂山トンネル。明治初期、外国人技師に頼らず 日本人だけで完成させた、日本で初めての山岳隧道です。


soraumi5369.jpg

場所は滋賀県大津市逢坂(おうさか)

滋賀 / 京都 の府県境地域にあたるこの場所には、現在 国道1号・京阪京津線(けいしんせん)・名神高速道路が通る 古代からの交通の要衝。国道と京阪はかつての逢坂越えに沿って敷設されているため、急勾配区間が続く。


soraumi5370.jpg

神戸 - 大阪 - 京都 が開通した省線(現JR)は、東海道本線の更なる延伸を目指して 線路を敷設することとなったが、逢坂峠の急勾配を避けるために この場所にトンネルを掘ることになった。

明治11年(1878)8月着工。
同年同月、金沢第十二国立銀行(現北陸銀行)が開業しています。


soraumi5371.jpg

国道1号を離れてすぐ、二本の隧道が顔を出す。


soraumi5372.jpg

二本あるトンネルのうち、旧上り線の坑口は埋められて入口が封鎖されている。

全体的に保存状態が良く、細かく探索していくと 色んな発見がありそう。ワクワクします。




旧逢坂山隧道東口 場所ここ


vol.2へつづく


< 東海道本線黎明期 関連記事 >
2017,3/25 日本鉄道史最古級の橋梁を発見vol.1
2017,3/26 日本鉄道史最古級の橋梁を発見vol.2

2017,4/17 阪急京都本線の一部区間は、明治鉄道創成期由来のもの
2017,4/19 JR・阪急の橋脚に残る機銃掃射痕
2017,4/25 鉄道黎明期の遺構、煉瓦アーチ
2017,4/26 神崎川に架かる鉄橋の橋台は、日本鉄道史最古級の遺構
2017,4/27 千里線と別れて旧東海道線の痕跡探し
2017,4/28 水路を辿って発見した戦前の舶来レール

2017,5/24 古くからの歴史の舞台、逢坂の関



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi5381.jpg

京都府と滋賀県の府県境、逢坂と書いて "おうさか" と読む。

古くは日本書紀に登場する神功皇后(じんぐうこうごう)の将軍・武内宿禰(たけのうちのすくね)が この地で忍熊皇子(おしくまのおうじ)にばったり逢った(あった)ことが 地名の由来とされる。



"関は逢坂、須磨の関。鈴鹿の関" 清少納言 / 枕草子

文献には 平安時代中期(西暦810頃)に早くも登場。東海道の峠であり、山城國(現京都府南部)近江國(現滋賀県) を分ける すなわち京への入口にあたることから、三関の一つとして 古くから重要視されていたことがわかる。


soraumi5369.jpg

現在も庶民に親しまれている小倉百人一首にも 逢坂山が舞台になったものが二首登場する。


"夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ" 清少納言 / 百人一首第62番

"これやこの 行くも帰るも分かれは 知るも知らぬも逢坂の関" 蝉丸 / 百人一首第10番


後者は琵琶の名手・蝉丸法師(せみまるほうし)がこの地に庵を結び、往来する人々を眺め見て 詠んだ歌

百人一首の中でも広く知られる名歌となっているが、百首の中でこの歌一句のみ 濁点・半濁点が用いられていない特徴を持つ。

蝉丸は逢坂山を代表する人物として知られており、 "関の明神" と呼ばれ、今日 蝉丸神社として祀られている。その特徴的なビジュアルから 坊主めくりではジョーカー的な存在となっているのと比べ、逢坂での扱いは対照的である。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


逢坂山は明治初年、大きく変貌することになる。鉄道開通に際し 国の威信をかけた大工事が行われるのです。




逢坂山関址 場所ここ


vol.1へつづく



< 東海道本線黎明期 関連記事 >
2017,3/25 日本鉄道史最古級の橋梁を発見vol.1
2017,3/26 日本鉄道史最古級の橋梁を発見vol.2

2017,4/17 阪急京都本線の一部区間は、明治鉄道創成期由来のもの
2017,4/19 JR・阪急の橋脚に残る機銃掃射痕
2017,4/25 鉄道黎明期の遺構、煉瓦アーチ
2017,4/26 神崎川に架かる鉄橋の橋台は、日本鉄道史最古級の遺構
2017,4/27 千里線と別れて旧東海道線の痕跡探し
2017,4/28 水路を辿って発見した戦前の舶来レール


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi5364.jpg

ド田舎にやってきました。



と言ったら怒られます。正しくは、

soraumi5365.jpg

土居仲停留所(愛媛県宇和島市三間町土居中)
読みは "どいなか"


ドイナカにやってきました!

田舎は田舎ですが、ドがつくまでは言い過ぎ。

soraumi5366.jpg

バス便はこの通り。
宇和島周辺のバス便の特徴は、多くが宇和島東高校行きであること。町内にも高等学校はありますが、東校は当地域一番の進学校なので、主な交通機関利用者の便宜を図った運行形態と言える。


soraumi5367.jpg

路線バスの他に 町内にはJR予土線が通っているので 、その点でもド田舎とは言えない。


バス停で待っていると、おさかなの美味しい匂いが…

すぐ横に蒲鉾屋さんがあります。今回はタイミングが合わず購入することができなかったのですが、宇和島と言えば じゃこ天に代表されるように、すり身製品が特産品の一つ。


今度訪問した時は、土居仲でじゃこ天! 決まりですね。



< オマケ >
宇和島市には 南部の旧津島町に 「稲中」 という地区があります。

読みは "いなか"
いなちゅう とも読むことができて、卓球部を思い出していけません。




土居仲停留所 場所ここ


< 周辺関連記事 >
2015,12/21 ファンの間で人気、嵐のマツ
2017,5/22 嵐停留所。松も健在。

2016,9/24 日本にもある地峡と運河vol.1
2016,9/25 日本にもある地峡と運河vol.2
2016,9/26 日本にもある地峡と運河vol.3
2016,9/27 日本にもある地峡と運河vol.4
2016,9/28 宇和海と書いてうわうみ、蔣淵と書いてこもぶちvol.1
2016,9/29 宇和海と書いてうわうみ、蔣淵と書いてこもぶちvol.2
2016,9/30 宇和海と書いてうわうみ、蔣淵と書いてこもぶちvol.3
2016,10/3 水荷浦。海から天に昇る段畑vol.1
2016,10/4 水荷浦。海から天に昇る段畑vol.2
2016,10/5 水荷浦。海から天に昇る段畑vol.2

2016,5/28 北海道の有名チョコが買える 愛媛の道の駅

2016,6/5 坂と石垣の集落vol.1
2016,6/6 坂と石垣の集落vol.2
2016,6/7 坂と石垣の集落vol.3
2016,6/8 坂と石垣の集落vol.4

2016,12/10 憧れの文豪逗留の宿



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi5359.jpg

嵐のマツ、またまたやってきました。


soraumi5360.jpg

宇和島自動車 嵐停留所(愛媛県宇和島市津島町嵐)


soraumi5361.jpg

読みはもちろん "あらし"
同名の男性アイドルグループ誕生より ずっと昔からある地名。


soraumi5362.jpg

嵐バス停がある場所は 宇和島と宿毛の間。
この区間は 宇和島⇔城辺(じょうへん、現愛南町)の宇和島都市圏の輸送の他、宇和島⇔宿毛(すくも)を結ぶ 都市間バス、午前の一部の便には 途中から高速道路を経由して、県都・松山へ直行する高速バスも走る。

列車が走っていない地域ですが、バス便が比較的充実していると言えます。


このエリアを旅する場合、お得なきっぷはこちら
四万十・宇和海フリーきっぷ


soraumi5363.jpg

松は水辺であれば防風林に、街道であれば 距離を示す里程標の代わりに植えられることが多かった。見ると どこか旅情を感じる存在。木なので寿命があることですが、いつまでも元気にここにあって欲しい存在です。




嵐 場所ここ


< 周辺関連記事 >
2015,12/21 ファンの間で人気、嵐のマツ

2016,9/24 日本にもある地峡と運河vol.1
2016,9/25 日本にもある地峡と運河vol.2
2016,9/26 日本にもある地峡と運河vol.3
2016,9/27 日本にもある地峡と運河vol.4
2016,9/28 宇和海と書いてうわうみ、蔣淵と書いてこもぶちvol.1
2016,9/29 宇和海と書いてうわうみ、蔣淵と書いてこもぶちvol.2
2016,9/30 宇和海と書いてうわうみ、蔣淵と書いてこもぶちvol.3
2016,10/3 水荷浦。海から天に昇る段畑vol.1
2016,10/4 水荷浦。海から天に昇る段畑vol.2
2016,10/5 水荷浦。海から天に昇る段畑vol.2

2016,5/28 北海道の有名チョコが買える 愛媛の道の駅

2016,6/5 坂と石垣の集落vol.1
2016,6/6 坂と石垣の集落vol.2
2016,6/7 坂と石垣の集落vol.3
2016,6/8 坂と石垣の集落vol.4

2016,12/10 憧れの文豪逗留の宿



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose



最新記事