FC2ブログ


花と列車。さんぽにもお勧めのかつての駅 vol.1 の続き


soraumi6031.jpg

今にも動き出しそうな 広島色のキハ58系気動車と、JR西日本書式の駅名標。

soraumi6033.jpg

残念ながら平成15年(2003)に可部から先の非電化区間が廃止になり、列車が走ることが無くなりました。

soraumi6032.jpg

廃止の話が浮上した頃から 沿線住民による反対運動が大きくなり、その声に応える形で列車の増発試験等が行われたが 結果は芳しくなく、惜しまれつつ廃止になりました。

可部線沿線は鉄道への愛着が強い土地柄で 廃止になってからも残されている施設は多い。
とは言え鉄道への一番の愛情は 乗車すること。乗る人がいなければ その愛も虚しい。


広島はバス路線が充実していて このような山間部からも、広島市中心地である紙屋町のバスセンターへ 直通バスが出ていたりする。

それが(かつて運行されていた)鉄道より、早くて安い


あなただったら鉄道に乗りますか?
自分だったら、いくら鉄道が好きと言っても 乗らないと思います。

とは言え 交通機関の運営を いち会社であるJRだけに任せるのには無理があるというもの。そら 会社なんだから、儲からなければ事業を続けることができません。道路は国が作ってくれるのに。その辺りの問題はあるように思います。


soraumi6034.jpg

ワンマンのりば
横川方面


"広島方面" じゃなくて、 "横川(よこがわ)" というのがベリーグッド! 可部線の始発は横川駅ですもんね。正式表記賛成!


soraumi6036.jpg

駅のホームから 横川(広島)方面に向かって、線路が残されています。その沿道には桜が植えられていて、春に来ると良さそう。

soraumi6037.jpg

最近 線路立ち入りのニュースが頻繁に聞かれますが、ここだと 安全かつ合法的に線路立ち入れますよ。

線路を歩きたくなった時は 安野花の駅公園へ。それかゲストハウスそらうみ駅へお越し下さい。


soraumi6038.jpg

駅前のタバコ屋さん
と言ったところでしょうか。営業している気配はありませんでした。

運行されている路線バスが この前を通って行きました。


街が寂れるから鉄道が廃止されるのか、
鉄道が廃止されたから 街が寂れたのか。


これも難しい問題です。


でも、鉄道が廃止されたら 一気に街が寂れるのは 間違いありません。この先 日本のローカル鉄道と地方はどうなってしまうのでしょうか。




安野花の駅公園 場所ここ


< 関連記事 >
2017,7/27 数奇な運命を辿ったローカル線。可部線旧安芸飯室駅vol.1
2017,7/28 数奇な運命を辿ったローカル線。可部線旧安芸飯室駅vol.2
2017,7/29 数奇な運命を辿ったローカル線。可部線旧安芸飯室駅vol.3
2017,8/30 花と列車。さんぽにもお勧めのかつての駅 vol.1



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp

HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose
スポンサーサイト




soraumi6026.jpg

駅長とキハ58のツーショット

通常 ホームで動物を離してはいけないのですが、ここは可部線廃止区間にある かつての鉄道駅。広島色に塗装されたキハ58車両が静かに留め置かれています。


soraumi6027.jpg

(旧)安野駅(やすのえき / 広島県安芸太田町)

soraumi6028.jpg

太田川に沿って走っていた可部線の廃線区間に位置します。

soraumi6029.jpg

現在は 「安野花の駅公園」 として整備され、四季の花を楽しむことができるスポットになっている。

soraumi6030.jpg

駅前にある近隣案内図
線路がしっかり描かれているあたり、廃止前に立てられたものでしょうか。


安野駅のところに 「猫の駅長」 とある。

かつて有人駅時代、駅長さんが猫を飼っていた。駅に猫がいることで有名になり 無人化後に捨て猫が相次ぎ、猫が住み着いてしまった。
その後 可部線非電化区間が廃止になり、その区間に含まれる安野駅は解体されることになった。そこで猫の居場所が無くなることを心配した動物愛護団体などが動き、猫たちは里親が見つかり、駅は 解体中止。花の公園として再整備された。


今日 「●●の駅長」 が全国的なブームになっていますが、それらが登場するずっと前、自然な形で駅長を務めていた猫たちがここに居たわけです。




安野花の駅公園 場所ここ


< 続き > 花と列車。さんぽにもお勧めのかつての駅 vol.2


< 関連記事 >
2017,7/27 数奇な運命を辿ったローカル線。可部線旧安芸飯室駅vol.1
2017,7/28 数奇な運命を辿ったローカル線。可部線旧安芸飯室駅vol.2
2017,7/29 数奇な運命を辿ったローカル線。可部線旧安芸飯室駅vol.3



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp

HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

夜のローカル駅、温泉津駅 vol.1 の続き


soraumi5993.jpg

温泉津駅(ゆのつえき / 島根県大田市温泉津町)

soraumi5994.jpg

夜の温泉津駅に列車がやってきました。

soraumi5995.jpg

キハ120形気動車
中国地方のローカル線 主力車両ですが、本線も走るのですね。

soraumi5996.jpg

行先は浜田

鉄道を追っかけていて何が楽しいかって、自分はこの 「行先」 を見ることです。

乗ってもない 行ってもないのに、地名を見るだけで 行ったような気分になれる。どこか近い存在に思える。空想旅行ができてしまうわけです。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


自分が子どもの頃は 東海道本線(JR神戸線)まで徒歩5分の場所に住んでいたので、電車を眺めながら 色んな地名を目にしました。

西は 「西明石」「姫路」「網干」
東は 「高槻」「野洲」「米原」 など

まだ国鉄だったから 在来線でも長距離を走る列車が多く、たまに来る 「上郡」「大垣」 なんてのが来た時は、自分の中でレアキャラ指定でした。

真夜中にブルートレインが見たくて(当時は多数・多方面へ運行されていた)、親を無理矢理連れだして見に行ったこともありました。


列車の行先を見て 楽しむことができて、地名を覚える勉強にもなる。お金かからない。

電車の行先は 教育としても もってこいの題材です。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi5997.jpg

快速アクアライナー 米子行き
列車の行先は遠ければ遠いほど魅力的。さっきの列車より長距離を走ることもあってか、ちょっといい車両のように思えます。

soraumi5998.jpg

温泉津から米子までは110kmちょっと。この列車の始発・益田から米子だと 190kmくらい。それを3時間半くらいかけて走る…


結構速いんじゃないでしょうか。


soraumi5999.jpg

列車が行った後の温泉津駅は 再び静寂に包まれました。




温泉津駅 場所ここ


< 関連記事 >
2017,8/28 夜のローカル駅、温泉津駅 vol.1



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp

HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi5986.jpg

温泉津駅(ゆのつえき / 島根県大田市温泉津町)

温泉津 と書いて、読みは "ゆのつ"

ゆ → 温泉
を連想させる素敵な名前の駅が、島根県にあります。


soraumi5987.jpg

東西に広く 一定距離ごとに街が位置する島根県。温泉津は 大田市(おおだし) と 江津市(ごうつし) の中間。現在は市町村合併で大田市に所属していますが、元々は石見銀山の銀の積出港として、又は鉱山労働者の休息所として栄えた 温泉が湧く港町。

人口が多いエリアでは無いので 特急・快速は通過する列車があります。


soraumi5988.jpg

大田市
江津


ほぼ同じくらいの運賃。


益田(ますだ) が島根県の西端で、安来(やすぎ) が島根県の東端
運賃は距離によるものなので そこから判断すると、温泉津は島根県のやや西寄りであることがわかります。


こちらの運賃表、

soraumi5989.jpg

右下は来春廃止予定の三江線のもの。廃止後はここの欄がぽっかり空いてしまうわけです。寂しい…。


soraumi5990.jpg

山陰本線
を名乗るだけあって、列車本数はある程度確保されています。県を越えて 米子や鳥取まで運行される列車もあります。


soraumi5992.jpg

改札はありません。 "しまねっこ" が、ここが島根県であることを知らせます。




温泉津駅 場所ここ


< 続き > 夜のローカル駅、温泉津駅 vol.2


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp

HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

夕食会が終わり 食事のあとかたずけを行っていた時。


ふと振り返ると、

soraumi5962.jpg

あら。うまいこと乗るもんだ。

自分からハンモックに乗れるようになったみたいです。



で、

soraumi5963.jpg

スヤスヤと。犬って寝てばかりですねー。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp

HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

中国山地のローカル駅訪問、刑部駅 vol.1 の続き


soraumi6008.jpg

夜の刑部駅。列車の発着が無ければ 聞こえてくるのは虫の声だけです。

soraumi6009.jpg

新見方面を眺めていたら…

soraumi6010.jpg

列車来た!
そんなに本数があるわけではないので、列車に会えるのは とってもラッキー。


soraumi6011.jpg

津山行き

バスのような形状が特徴、キハ120形が到着しました。JR西日本の非電化区間、特に閑散路線でよく見られる車両。


「キハ」とは、
"キ" … 気動車
"ハ" … 普通車


つまり ディーゼル車を表す。


これが電車だったら、
"モ" … 電車
"ハ" … 普通車

となったりするわけです。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi6012.jpg

下りの新見行きの列車もやってきて、行き違いが行われました。


一日の中で 2~3時間運行が無い時間があるのに、この時は一度に上下両方の列車を見ることができて更にラッキー。


soraumi6013.jpg

列車が行った後の刑部駅は また虫の声だけが聞こえる静寂の無人駅に戻りました。



刑部は そらうみゲストさんであり、畳職人のお友達が暮らす街。現在は作業場をリノベーションして 時にはみんなが集まれる空間にリニューアル。畳を使った小物作りなど、 「畳ワークショップ」 が不定期で行われているようです。

家元畳店ホームページ → http://www.iemototatamiten.com/




家元畳店さん 場所ここ


< 関連記事 >
2015,3/16 畳職人ゲストさん
2017,8/25 中国山地のローカル駅訪問、刑部駅 vol.1



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp

HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi6001.jpg

"おさかべ" と読みます。中国地方山間部、数時間に一本の列車が発着する静かな駅。


soraumi6002.jpg

刑部駅(おさかべえき / 岡山県新見市)

soraumi6003.jpg

難読地名・駅名は 古代部民であり、宮中に仕えていた 「刑部氏」 に由来すると伝わる。つまり、この場所周辺は その氏族の末裔が棲む土地ということになる。

soraumi6004.jpg

刑部駅は 姫新線(きしんせん)に所属。姫路の、新見のに由来。

その歴史は古く、姫新線の途中駅であり 美作地方(みまさかちほう / 現岡山県北部)の中心である津山を中心として 東西方向に建設が進められ、当駅区間が開通したのは 昭和5年(1930)。姫新線としては 昭和11年(1936)に全通を果たした。


soraumi6006.jpg

往時は 近畿~中国を結ぶ山陽本線のバイパス線として機能した時期もあるが、現在は地域間輸送に留まる。

刑部駅周辺は 姫新線で最も利用が少ない区間。規格が古いことや山を避けて建設されているため カーブや迂回が多く、距離のわりに時間。そのため自家用車での移動が圧倒的に早い。

soraumi6007.jpg

駅はもちろん無人。列車が発着する前後の時間以外は 待ち客・迎え人もいない、本当の無人駅と化す。

駅訪ねとしてはありがたいのですが、このようなところに来ると 路線の存続が気がかりになります。




刑部駅 場所ここ


< 続き > 中国山地のローカル駅訪問、刑部駅 vol.2


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp

HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

車で行ける標高1500m越え、中津明神山 の続き

soraumi5981.jpg

駅長犬しょう と日本一周の旅を楽しむ中で、犬が思いっきり走ることができる場所を開拓したいと思っています。


soraumi5982.jpg

吾川スカイパーク(あがわすかいぱーく / 高知県仁淀川町)
背後に愛媛県との県境である中津明神山が聳える 好ロケーション。

交通量ゼロではありませんが、そんな頻繁に車が通行するわけではないので ワンちゃんを安心して走らせることが可能。


soraumi5983.jpg

斜面になっているので 一緒に駆け上がって、ゆっくり下りてくるトレーニングはいかがでしょうか。犬も飼い主も とても良い運動になります。

soraumi5984.jpg

脚の短いダックスは ちょっと走るだけでいいみたい。こっちをじっと見る時は疲れている証拠です。


soraumi5985.jpg

マイカーのごく普通のホンダ・フィットですが、ここに車を置くと なんかかっこよく撮れてしまいます。



< ドッグランとしての吾川スカイパーク >
ロケーション ★★★★★
安全 ★★★★☆
後始末 ★★★★☆


たまに乗用車や工事車両が通行するので注意。朝早いと草が露で濡れていることが多い。 バスタオルを忘れずに。吾川スカイパークへは、中津明神山とセットでの訪問がお勧めです。




吾川スカイパーク 場所ここ



< 関連記事 >
2017,8/23 車で行ける標高1500m越え、中津明神山



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp

HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi5975.jpg

自家用車で頂上まで上がれる山が高知県にあります。

それってどうなの!?
と言われてしまいそうですが、目的が 「山の上から景色を見る」 ということであれば、手段は何だって構わない。山の楽しみ方は人それぞれです。


soraumi5976.jpg

お山の名前は 中津明神山(なかつみょうじんさん / 高知県仁淀川町・愛媛県久万高原町)。地図によっては"中津山" や "明神山" とも。山の稜線が高知・愛媛の県境になっている。

標高は1,540m。剣山や石鎚山とそれほど大きく変わらない高さがありながら、頂上まで車道が通じている。

soraumi5977.jpg

中津渓谷から上がり始め 所々でお山が見え隠れ。何か見える? ところが頂上。国土交通省が設置した 雨量観測所があります。

soraumi5978.jpg

更に近づいたところの 吾川スカイパーク。うちの駅長、興味津々です。帰りに寄ることにします。

soraumi5979.jpg

どんどん道が狭くなる。

ここから先は、

「車道が頂上まで通じている」
であって、
「車で行けるよー」

という意味ではありません。

soraumi5980.jpg

台風後ということもあって 道が滅茶苦茶。大きな岩も道路に転がっていて これ以上登るのは断念。また改めて行くことにします。




中津明神山 場所ここ


※ 今回は断念です


< 続き >斜面でトレーニングドッグラン、吾川スカイパーク


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp

HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose

soraumi5928.jpg

ゲストさんと 朝うどんを食べに行くことを、

"うどん朝活"

と勝手に呼んでおります。


香川県では 朝早くから開店しているうどん屋さんがたくさんあり、それゆえゲストハウスそらうみでは

「一泊夕食」 ←二食や朝食付きではない

とさせて頂いております。ご予定が合えば、朝 うどん屋さんに一緒に行きましょう。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


soraumi5929.jpg

うどんの田(うどんのでん / 高松市寺井町)
そらうみから徒歩12分。お隣(高松築港駅寄り)の 空港通り駅 の近くになります。


soraumi5930.jpg

このお店でみんなが狙うのは "角煮うどん"
そらうみでの話題に 度々登場する、名物うどん。噂では "一日十食" らしく、開店時間と同時に到着しなければ ありつくことはできません。

この日はそらうみを9:40頃出て 9:50に着いたのですが、既に数名お待ちでした。


soraumi5931.jpg

至福の角煮うどん
見た目からは想像できない あっさり味。箸で割って初めて脂が出てくる。うどん一玉(小)でも お腹一杯になります。

お店は平日10:00からで、この日は朝食を食べていなかったため 大(→ここでは三玉)を頼みましたが、はい、失敗でした。




うどんの田 場所ここ



< 関連記事 >
2016,8/6 名物角煮うどん。そらうみから徒歩圏内のうどん屋さん



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp

HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose



最新記事