FC2ブログ


soraumi7261.jpg

昔昔、飛鳥時代。
聖徳太子の死後 蘇我氏の勢力が強くなり、国の政治を専横するようになった。その事態を打開するために 中大兄皇子(後の天智天皇)中臣鎌足(後の藤原鎌足)が組んで、蘇我入鹿を討った出来事・乙巳の変(おっしのへん)

この場所は その時刎ねられた蘇我入鹿の首が飛んで来た場所と伝わります。


soraumi7263.jpg

入鹿神社(いるかじんじゃ / 奈良県橿原市小綱町)

小綱は "しょうこう" と読む。

soraumi7264.jpg

扁額には楷書体で "入鹿神社"

soraumi7266.jpg

皇極天皇4年(644)
乙巳の変にて 蘇我入鹿が打たれ、後日父の蝦夷は自害。ここに蘇我氏は途絶えた。

soraumi7265.jpg

刎ねられた首が飛んできたこの場所は 入鹿公が頭脳明晰であったことにあやかって、学業成就の神様。又は首から上の病に霊験あらたかな神として 現在祀られている。


小綱町では入鹿公に対する信仰が厚く、明治の始め 逆臣である蘇我入鹿を神として祀るのは都合が悪いと、社名を地名から取った「小綱神社」に改名するように 政府の通達があったが、これを拒んでいる。

また、乙巳の変では鶏の鳴き声を合図に 暗殺が開始されたので、集落では鶏を飼わない
小綱町で生まれたものは 中臣鎌足を祀る多武峰(とうのみね)へ行くと腹痛が起こる
明日香村小原(おおはら)は中臣鎌足母の出生地ということで 縁組しない





入鹿公に対する畏敬の念が込められたエピソードが 数多く伝えられている。




入鹿神社


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp

HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事