FC2ブログ


soraumi7276.jpg

三重県の山中に 名松線(めいしょうせん) というJR路線があります。

soraumi7277.jpg

松阪牛(まつさかうし) で有名な松阪を出た列車は しばらくして勾配の急な青山峠を避けるように南進。しかしながら路線は 途中の 伊勢奥津(いせおきつ)駅 で終わっている。

soraumi7278.jpg

名松線の "松" は松阪だが、名は?

これは全通を果たせなかった 名張の "名" から取られている。


soraumi7279.jpg

関西から伊勢・東紀州を結ぶ鉄道として計画された名松線の建設当時の名称は "桜松線"
"桜" は奈良県桜井市を結ぶ計画によるもの。


当時は、

桜井から名張を経由して東進、松阪へ向かう路線
名張から北へ分岐して伊賀上野へ向かう路線
榛原から南へ分岐して大宇陀を経由して吉野へ向かう路線


が計画されていた。

これらの路線は全て全通することなく、結局 路線名である名張へも乗り入れを果たせずに終わった。



今日、これらのルートは経路が若干異なるものの 近鉄電車によって実現している。


そもそも 名松線の建設が中止なったのは 参宮急行(現・近鉄)

桜井 - 名張 - 松阪 - 宇治山田
を、より距離の短い直線ルートを先に開通させたことが大きい。これによって名松線は建設意義を失った格好になり、伊勢奥津までの開通に留まった。

けれどそれらは国鉄と異なる線路幅(=標準軌)で建設されたことから、貨物や遠来から伊勢への修学旅行等の需要が見込めることを理由に 名松線建設続行の要望は続けられたが、結局は自動車の時代が到来。モータリゼーションの発達によって名松線全通が実現することは無かった。


近鉄は近鉄で 勾配の険しい青山峠越えのルートを選択したことにより、大きな正面衝突事故が起きるなど 苦労の連続だった。
今日 大阪から名古屋へは快適な名阪特急が頻繁に行き来しているが、それらは幾多の困難を克服した上で成り立っている。


soraumi7280.jpg

このように、当地域の鉄道は 人々の鉄道に対する熱意によって支えられ 発達してきたことは無視できない。

soraumi7281.jpg

名松線は沿線に大きな街が無く 行き止まりの盲腸線ゆえ乗客が少なく、これまで台風による線路や路盤流出などを契機として、長期間運休→廃止が検討されたことが何度もあった。

その都度 住民の熱心な運動により国鉄・JRや行政を動かし、復活を果たしている。


近年では平成21年(2009)の台風被害により平成28年(2016)まで、実に6年半もの長い間 運休していたが、見事復活を果たしている。

地域住民の鉄道に対する熱意もさることながら、運営会社がJR東海という 新幹線で莫大な利益を上げている会社という幸運もありそうです。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp

HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事