FC2ブログ


soraumi7308.jpg

季節はすっかり春。

海はそれらしくと言いましょうか、霞みがかかって遠くを見ることは叶いませんが、うららかな陽光と 心地よい風は、とっても気持ちが良い。

soraumi7309.jpg

というわけで、駅長を連れて 海辺のおさんぽに出かけました。


まあ、

防波堤ですけど。
若干 赤潮発生してますけど。



水中を眺めていると、

soraumi7310.jpg

魚の群れが泳いでいきます。


おお~

冬場の海(水辺)は あまり生体反応がありません。これぞまさしく春。

soraumi7311.jpg

と、眺めていると みるみる魚が増えて行きます。


ボラだ!!

アジやイワシを釣っていて掛かると 仕掛けをワヤにする、防波堤の嫌われ者。食べても美味しくない。


というのは、ボラの名誉のために濡れ衣と言っておきます。


食べても美味しくない = 身が臭い

ボラはエサを食べる時には 水底に溜まった砂や土を吸い込むように捕食する。これが人の手が入った海だと、堆積したヘドロごと吸い込んでしまうので、ボラの食味に悪影響が出る。

前述の通り 釣り人には嫌われますが、ボラ自身は 人類の高度経済成長の陰に位置する被害者なのです。


水質の良い海域では 現在も食用として利用され、メスの卵巣を塩漬けにして乾燥させた 「カラスミ」 は高級食材として、全世界で珍重されています。


soraumi7312.jpg

ここは見ての通りの場所なので… ボラが獲れても食べたくない、、、


赤潮と言えば 一昔前は 有機溶剤を用いた合成製剤が問題視されていましたが、現在の研究では干潟の減少等に原因があるようです。

すなわち、
水辺をコンクリートで護岸してしまうと、自然な水辺が減少してプランクトンを摂食する貝類が減り、それが大繁殖して赤潮となる…


香川県は県魚がハマチであるように、瀬戸内海沿岸での養殖漁業が盛ん。赤潮が発生すると 水中の溶存酸素が不足して魚介類は酸欠になり その多くが死滅。漁業は大きな打撃を受けます。



気温・水温が上昇する今時期に赤潮は珍しいことではないのかもしれませんが、身近な水辺一つ取っても 地球はかなり疲弊しているな、と 感じます。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp

HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事