soraumi7453.jpg

まるで宝石箱をひっくり返したような…

鋭い歯や 尖った鰭(ヒレ)だらけですが…

soraumi7454.jpg

最近、友人の紹介で漁港の方々と知り合いまして、たびたび仕入れにお邪魔しています。


釣り人が好きなそらうみ宿守。それが高じて魚料理が身に着きました。

ここに来ると釣りしていると見る魚や、図鑑で見た憧れのおさかなたちと対面することができて、興奮が止みません。


soraumi7455.jpg

エソ
キス釣りの時などに掛かる外道。味は良いのだけれど小骨が多く、捌くのが面倒な魚。
よって通常は かまぼこ(すり身)行きです。

soraumi7456.jpg

オジサン(だけではありませんが)
あごひげが生えた愛嬌のある魚。名前をオジサンと言います。本当です。嘘だと思う方は 魚類図鑑開いてみてください。南方系のおさかなです。

ヒメジ とか ヒメチ
とも呼びます。
小さいものは唐揚げにするとgood!

soraumi7457.jpg

ウチワエビ
この中では最も値が付く生物。タビエビ とも呼びます。
新鮮なものは イセエビに勝るとも劣らない、プリっとした甘い身が特徴。頭や殻からは とても良い出汁が出ます。

soraumi7458.jpg

マダイに、細いのはイトヨリダイ
タイと言えば 高級魚の代名詞。獲れたての新鮮なおさかな、目がとても澄んでいます。

soraumi7459.jpg

アンコウやらウミヘビ、ウツボ…
アンコウは好きなだけ持って行って良いよ、と言われました。ここは とりあえず扱いがアレなエリアです。

アンコウは茨城県等では 郷土料理として珍重されますが、この地域の食文化に アンコウは無いのでしょうね。

soraumi7460.jpg

これは…

日本ではあまりサメは食べないですよね。
広島県の県北等では "ワニ" の名でサメが郷土料理として定着しています。山奥で鮮魚が手に入りにくいため 腐りにくいサメが食べられていたとか。
これもカマボコ原料のイメージ…


なお本種は "ホシザメ"
人を襲うことはあまりない、大人しいサメです。

サメ肌
なんて言いますが、サメを触ってみると なるほど、ザラザラです。



漁港はワンダーランド。一般的な魚屋さんでは見られないような宝物が ゴロゴロ転がっています。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp

HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事