soraumi7526.jpg

琴電琴平駅を出発する高松築港行き普通列車。
ゲストハウスそらうみがある一宮駅へは、約40分の列車の旅になります。


soraumi7530.jpg

琴平を出た列車は 次の榎井駅に向かって大きくカーブします。

soraumi7531.jpg

しばらくするとコンクリート橋台を持つJR土讃線の高架橋をくぐることになりますが、ここが 琴平の鉄道史を語る上で見逃せないポイント。

soraumi7532.jpg

橋台・橋脚間が独立していて 同じくらいの空間が3つ存在しますが、(南)はことでんの複線化に備えて確保されている用地。
(北)側は鉄道廃線跡。かつて琴平に乗り入れていた 琴平急行電鉄(琴急)の廃線跡です。



絶大な信仰と大勢の参詣客を集めた 象頭山金毘羅大権現(ぞずさんこんぴらだいごんげん / 現 金刀比羅宮)への交通は、明治の鉄道開通により大幅に改善された。

< 讃岐鉄道→国有鉄道→現JR >
明治22年(1889)
丸亀~多度津~琴平 開通
明治30年(1897)
高松~丸亀 開通


これによって県都高松と琴平が繋がった。


しかしながら 各港から大勢の参拝客需要を見込むことが出来る琴平への輸送を、土地の有力者たちは見過ごさなかった。


< 琴平参宮鉄道 → 消滅 >
大正11年(1922)
丸亀通町 ~ 善通寺 開通
大正12年(1923)
善通寺 ~ 琴平 開通
大正13年(1924)
多度津西口 ~ 善通寺門前 開通
昭和3年(1928)
丸亀通町 ~ 富士見町 開通
富士見町 ~ 坂出駅前 開通


< 琴平電鉄 → 現 高松琴平電気鉄道 >
大正15年(1926)
栗林公園 ~ 滝宮 開業
昭和2年(1927)
滝宮 ~ 琴平 開業
高松 ~ 栗林公園間 開業


< 琴平急行電鉄 → 消滅 >
昭和5年(1930)
坂出 ~ 電鉄琴平 開業



国鉄 高松・坂出・丸亀・多度津・善通寺~琴平
琴電 高松~琴平
琴参 坂出・丸亀・多度津・善通寺~琴平
琴急 坂出~琴平


昭和4年から昭和19年の琴平乗り入れは 上記の鉄道四社に加え、各町村からバスによる琴平への輸送も行われていたことから、いくら金毘羅様様としても 明らかに過当競争区間であった。


とは言え、
「国鉄」 は香川県内だけの輸送を目的としていたわけではなく、高知県や徳島県へ向けて長距離・大量輸送が前提であり 運行頻度が少なかったため、近距離・高頻度運転を謳った 「琴電」「琴参」 とはある程度棲み分けができていた様子。

けれど 「琴急」 はその名の通り 「坂出から琴平へは(琴参や国鉄の汽車より)自分のところの電車が早い」 という意味の "急行" であり、駅を通過する意味では無い。
全国的に"急行"や"高速"と付く鉄道会社がありますが、ライバル(主にJR)より速いことをアピールするため、電鉄会社によくあるネーミングです。

琴急は 最初から琴参や国鉄とガチンコ状態だったため、営業成績は振るわず 戦時中に不要不急線に指定され消滅。短命に終わった。



戦後 琴平参宮電鉄は鉄道事業から撤退。
西讃地域を中心としたバス事業を営んでいたが、そちらも不振により県内東讃地域を営業エリアとする大川自動車に営業譲渡。琴平参宮鉄道の会社名称は消滅した。



現在も営業しているのは、

国鉄→JRの土讃線
琴平電鉄→高松琴平電気鉄道の琴平線


こちらの二社が こんぴらさんへの輸送を担っています。


ことでんがJRの高架線をくぐるこの場所では、かつての鉄道過当競争の跡を垣間見ることができます。




ことでん・JRの高架橋



< 関連記事 >
2017,7/20 こんぴら詣の繁栄を今に伝える高灯籠
2017,5/11 ことでんに乗ってこんぴらさんへ



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp

HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事