FC2ブログ


駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.9 続き


soraumi7700.jpg

おはようございます。

太平洋真っ只中の日の出です。

soraumi7701.jpg

航行する船舶は無く、道中は海と空しか見えない単独航路。

船員の皆さま、おつかれさまです。


soraumi7702.jpg

見えました!

沖縄では古くから存在だけが知られていた "うふあがり島"
ロシア帆船・ボロジノ号が通りがかった時には "ボロジノアイランド"

存在こそ古くから知られていたものの、遠く離れた土地の 断崖絶壁に囲まれた島々は、つい百年少し前まで 人類の上陸を阻み続けてきました。



大東諸島には、

南大東島
北大東島
沖大東島


とあり、こちらは北大東島です。

soraumi7703.jpg

その北大東島に対峙するように位置するのが、南大東島。それほど波風あるわけではないのに、波濤が岩に当たり 砕ける様子が船の上から見て取れます。

今回はまず 南大東島を目指しています。


soraumi7704.jpg

フェリーだいとうが 北大東・南大東、どちらの島へ先に入港になるか、航海ごとに交互にローテーションする形を取っています(荷役量や天候によってはその限りではないようです)


今航海では 北大東先行。

1日目> 那覇 →
2日目> → 北大東 → 南大東 → 北大東
3日目> 北大東 → 南大東 →
4日目> → 那覇


今回はこのような運航体系。
滞在時間こそ短いものの 2日目に南大東で下船すれば、一航海で両島に上陸することが 理論上可能です。

soraumi7705.jpg

群青色の海。

海の色は、底知れぬ海の底を感じさせる この色が、一番好き。

soraumi7706.jpg

北大東島・江崎港

南北両島、主たる港は島の西側に位置する 「西港」 ですが、今回はどちらも南側の港へ。潮流や風向きの関係です。

soraumi7707.jpg

島から一隻のボートが出てきて、フェリーを沖のブイに一箇所ずつ・二箇所係留します。

soraumi7708.jpg

港側では 陸上のグランドスタッフが三箇所(四箇所?)係留。

付近を強い海流が流れる大東島では、岸に直接船を係留することができません。

沖に沈めてあるアンカー(錨)に船を繋いで、
沖に流されないように 岸から船を引っ張って。

それでまず フェリーだいとうを海上で静止させるのです。

soraumi7709.jpg

一仕事終えた海の男たち。

soraumi7710.jpg

ボートは人ごとクレーンで吊られて揚陸。出港の際にはクレーンに吊り下ろされて 逆の作業を行います。




北大東島・江崎港



< 関連記事 >
2018,5/25 駅長しょうの日本一周、沖縄県上陸
2018,5/26 駅長犬しょう、飛行機に乗る。ペットの飛行機搭乗の方法
2018,5/27 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.1
2018,5/28 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.2
2018,5/29 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.3
2018,5/30 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.4
2018,5/31 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.5
2018,6/1 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.6
2018,6/2 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.7
2018,6/3 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.8
2018,6/4 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.9



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp

HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事