FC2ブログ


絶海の孤島・南大東島の位置おさらい 続き


soraumi7747.jpg

南大東島に上陸、集落へ移動。

レンタカーを借りて島内散策。まずは次の乗船券を購入しなければならないこともあり、西港へやってきました。

通常であれば フェリーだいとうが発着するのは、こちらの西港。南大東村にとって重要な港なので、役場の出張所も置かれています。


かつて 開拓者たちが初めて上陸に成功したのも、こちらの西港

北大東島を含め、大東島始まりの場所と言っても過言ではありません。


soraumi7748.jpg

西港に残された石積みの古い建造物

ボイラー室の跡。

soraumi7749.jpg

ここで発電された電力が、かつて西港で行われる 荷揚げ作業に用いられていました。

資材が島に揚陸されないことには 島を開拓することはできません。
島の発展に大きく寄与した施設の一つと言えます。


soraumi7750.jpg

現在はその役目を終え、屋根は吹き飛んだ?撤去された?
建物の中から 真っ青な青空を見ることが出来ます。

ただでさえ雨風厳しい大東島の、強風荒波吹き曝しの石積み施設。
何らかの保存を行わないと、数年のうちに朽ちてしまいます。

南大東島開拓史を忠実に伝える証人として、一定の保存が行われることを望みます。


soraumi7751.jpg

明治33年(1900)
19世紀最後の年に 八丈島から玉置半右衛門を中心とする開拓団が南大東島・西港への上陸に成功。
有人島としての歴史が始まりました。




南大東島開拓百周年記念碑



< 関連記事 >
2018,5/25 駅長しょうの日本一周、沖縄県上陸
2018,5/26 駅長犬しょう、飛行機に乗る。ペットの飛行機搭乗の方法
2018,5/27 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.1
2018,5/28 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.2
2018,5/29 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.3
2018,5/30 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.4
2018,5/31 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.5
2018,6/1 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.6
2018,6/2 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.7
2018,6/3 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.8
2018,6/4 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.9
2018,6/5 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.10
2018,6/6 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.11
2018,6/7 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.12
2018,6/8 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.13
2018,6/9 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.14

2018,6/13 絶海の孤島・南大東島の位置おさらい



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393-8
TEL or FAX(共通) : 0878998756
mail : info@sanuki-soraumi.jp

HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/
facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事