FC2ブログ


採掘した燐鉱石を乾かしていた場所 続き


soraumi7900.jpg

西港の断崖絶壁の上

soraumi7901.jpg

かつて荷揚げに使用されていた 機械を見つけました。

soraumi7902.jpg

近寄ってみます。

soraumi7903.jpg

潮風浴びて錆びっさび!

こちらは 巻き上げ機(ウインチ)
ワイヤーを巻き上げることで、それに繋いだ荷物を引っ張り上げる 運搬機械。

soraumi7904.jpg

この穴からするするーっと ワイヤーが出て行くわけです。

海から陸まで高低差がある大東諸島。
ヒトが一度に運ぶことができる荷物は知れています。クレーンが無い時代は 不可欠なアイテムでした。


soraumi7905.jpg

辺りを見渡してみると、錆びて朽ちたウインチのパーツがゴロゴロしています。

こちらはエンジン、というかシリンダー
四つの丸いものが見えるので、ウインチの動力となるエンジンは四気筒だったのでしょうか。
(動力源が一基だけだったとは限りませんが)

四気筒と言えば、今日 大衆車と呼ばれるジャンルに属する乗用車の構造と同じ。
メンテナンスの際に スパークプラグ という部品を4本交換しますが、その数が気筒(シリンダー)の数です。

soraumi7906.jpg

こちらは エンジンを構成するパーツのうちの一つ・フライホイール

自動車であれば、シリンダー内で爆発したエネルギーを この円盤に伝えることで、安定化させたパワーを シャフトを通じて駆動するタイヤに伝えるパーツ。

ウインチであれば タイヤこそ駆動させませんが、エンジンの爆発エネルギーを 円のパワーに変える点では同じです。

soraumi7907.jpg

1956年3月21日
と刻印がありました。

元号に直すと昭和31年
同年同日、福岡・広島・仙台 各都市で、NHKでテレビジョン放送が開始されました。
当時 北大東島を含む現沖縄県は存在せず、米軍が統治する琉球政府の統治下の時代です。

この年月が 設置された日か、廃用になった日か それはわかりません。
いずれにしろ、この場所で使用された 最後のウインチということは間違いなさそうです。

soraumi7908.jpg

燐鉱石の採掘は 昭和25年(1950)で終了しました。
とすると、鉱山閉山後もこのウインチは稼働して 廃れ行く施設群を誰よりも間近で見て来た証人です。




燐鉱石貯蔵庫跡(沖縄県北大東村)



< フェリーだいとう関連記事 >
2018,5/25 駅長しょうの日本一周、沖縄県上陸
2018,5/26 駅長犬しょう、飛行機に乗る。ペットの飛行機搭乗の方法
2018,5/27 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.1
2018,5/28 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.2
2018,5/29 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.3
2018,5/30 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.4
2018,5/31 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.5
2018,6/1 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.6
2018,6/2 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.7
2018,6/3 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.8
2018,6/4 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.9
2018,6/5 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.10
2018,6/6 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.11
2018,6/7 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.12
2018,6/8 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.13
2018,6/9 駅長しょう、絶海の孤島・大東島へ vol.14

< 南大東島関連記事 >
2018,6/13 絶海の孤島・南大東島の位置おさらい
2018,6/14 大東島始まりの地・西港
2018,6/15 溢れる開拓スピリット。南大東島vol.1
2018,6/16 溢れる開拓スピリット。南大東島vol.2
2018,6/18 南大東島のビッグプロジェクト、大東島漁港
2018,6/19 地球の裂け目が見れる場所! バリバリ岩 vol.1
2018,6/20 地球の裂け目が見れる場所! バリバリ岩 vol.2
2018,6/21 世界でも稀な、淡水池に群生するマングローブ
2018,6/22 島のルーツの結晶! 大東そばと島寿司
2018,6/23 念願叶った短足犬サミットin南大東島
2018,6/24 空港跡を利用したラム酒工場 vol.1
2018,6/25 空港跡を利用したラム酒工場 vol.2
2018,6/26 島の発展に寄与したシュガートレイン
2018,6/27 地平線が見える島一望の展望台
2018,6/28 絶海の孤島はかつての国防最前線
2018,6/29 南大東島、エピローグ

< 北大東島関連記事 >
2018,6/30 北大東島へ
2018,7/1 夕陽に照らされた燐鉱石貯蔵庫ロケハン
2018,7/2 北大東島・西港に沈む夕陽
2018,7/3 始まりは鉱山。北大東島あれこれ
2018,7/4 崩落した筒の中は、燐鉱石を貯蔵するライン
2018,7/5 燐鉱石貯蔵庫の表側へ
2018,7/6 採掘した燐鉱石を乾かしていた場所



*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜


さぬき高松ゲストハウス そらうみ
 761-8084 香川県高松市一宮町393番地8
mail : info@sanuki-soraumi.jp
HP : http://www.sanuki-soraumi.jp
blog : http://sanukisoraumi.blog.fc2.com/

紹介PV : https://www.youtube.com/watch?v=a9uQoZ9aqPo

facebook : https://www.facebook.com/takamatsu.soraumi
Twitter : https://twitter.com/379soraumi
Instagram みんなでいただきますの会アカウント : https://www.instagram.com/soraumi_gohan

遍路関連の記事 : http://pilgrim-shikoku.net/author/syozan-nose
スポンサーサイト

スポンサードリンク

ここに広告のコードを入れる


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事